2014第1学期『現代文読解』第10講(問題番号は9)内山節「挫折と危機のなかで」復習問題&(詳しい)要約&漢字解答

【要約】

アイルランド人を「貧しい」暮らしに甘じんているとして、彼らにお金を儲ける楽しさを教えなければならないと考えた経済学者ウィリアム・ペティの、民衆の精神の「変革」という発想は、マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理」や、トクヴィルの語ったアメリカの開拓民の精神と並んで、近代的世界の幕開けを準備したものである。伝統社会の労働は、楽しみや喜びと同意であったが、金儲けの楽しさを覚えた近代の労働は、単なる手段と化した。人間が金儲けの楽しさを覚えた社会では、このように「金儲け」のために生活する人々が生み出され、労働や生活それ自体が楽しみであった時代は去り、労働は単なる金儲けの手段になり、生活は疲れを取るための消費の場と化した。サブプライムローン問題にも象徴的に表れているが、現代社会ではすべてのものが市場の手段、道具にされて使い捨てられていく。これが金儲けの楽しみを覚えた社会の末路とも言える。伝統社会では生産と労働は一つのものだったが、近代的な労働では、それらは乖離している。その状況下では労働は剰余価値を作り出す手段でしかない。つまり人々は有用性を作り出すためではなく、単に賃金を得て生活するためだけに労働するのである。手段化された労働は必要なくなれば切り捨てられる。そこにはもはや伝統社会における労働に誇りを持ち、自分の労働が尊重されることを喜びとした精神は存在する余地はないのである。

 【問1】

 ア 中葉 イ 培 ウ 抹殺 エ 顕在

 

【復習問題】

講義を参考に(  )に入る語句を考えよ。五字以内。(解答は最下段)

生産物からの疎外が起こるのは、労働が自由な活動ではなく強制された苦役として無理やりやらされる(     )に陥っているからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

労働疎外

2014第1学期『センター現代文』第10 講(問題番号は9)馬場あき子『おんなの鬼』要約&漢字解答

【要約】

□芸能に登場する鬼は、血なまぐさい惨虐のイメージが強い一方で、その内側は抒情的な優しさや、人間的な懐かしさ、美しさなどに脆い、憧れの情を抱いている点で、女と内面的な近さを持ち、それ故に女は一瞬の飛躍によって鬼に変質をとげられる要素を内包しているとも言える。実際、『今昔物語』における母や、奥州黒塚の鬼の話における鬼女は、女から鬼への変貌を描いたドラマであり、そこには日常そのものの代表のような部分が、いつのまにか恐ろしいものに変質している怖さや、平凡な、という以上に誠実な一女性が、極限的な心情の混乱の果てに鬼へと変貌する、哀しくも美しい、女の激しいフラストレーションの爆発の姿が描かれており、またわれわれはそうした鬼への変貌の果敢な凄絶さに酔おうとさえする。また「この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉」という三橋鷹女の句からも、不幸な女性の、無私の人生の果てに、不意に自覚された激しい自我が、表現を求めつつ昇華してゆく一瞬のおそれといった精神を読み取ることができる。そうした古い女が鬼になっても遂げようとした激しい昇華の一瞬は、希薄化さえしはじめている現代の女性の自我からすると、魅力的なのではないかと思わせる。

 

【問1】

(ア)背信 ①廃物 ②配合 ③祝杯 ④勝敗 ⑤背景

(イ)特効 ①攻撃 ②購読 ③成功 ④時効 ⑤広大

(ウ)無私 ①初志 ②創始 ③私情 ④視野 ⑤風刺

(エ)怠惰 ①耐用 ②退屈 ③滞在 ④大勢 ⑤怠慢

(オ)拡散 ①画策 ②拡張 ③味覚 ④核心 ⑤品格

2014第1学期『青木邦容の現代文』第9講熊倉 千之「日本人の表現力と個性」要約と復習問題

【要約】

『広辞苑』と『ウエブスター』には、既に「視点」とその訳語である“point of view”の「視点」のずれを感じるが、前者が「ものを見る立場。観点」を重視しないのに比べて、後者は、その「立場」に重点を置いた定義になっており、その点で日英語の「視点」の用例が「視点が定まらぬ」と「全知視点」になっているのは、奇しくも洋の東西の視点の本質を言い当てている。明治以来、日本人は西欧の「目のつけどころ」を熱心に取り込んできたが、そもそも「ものを見る立場。観点」が曖昧な日本人が、そのような「目のつけどころ」(西欧的なアイデア)を自分のものにできると考えたのは性急であった。しかしそれは日本文化が劣っているというわけでは無い。例えばそれは、大和言葉に制約されたものの見方が、遠近法の言葉を持つ西洋のそれと異なっているだけである。日本語や、それが反映した日本絵画は、西洋のそれらと異なり、現実と等価の表現を志向していない。

 

 

【復習問題】テキスト61行目「外界のものを外界のものとして表出する絵画の言葉」が制約する物の見方(立場)を端的に説明した箇所を、20字以内で抜き出せ(括弧なども一字と数える)。(㊟解答は最下段)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

「平行線が一点に交わる点」を見る立場(22~23行目)

 

2014第1学期『現代文読解』第9講(問題番号は8)竹内整一「花びらは散る花は散らない」記述解答&復習問題&要約

【問6】

「みずから」の身辺の出来事を全てさらけ出せば、それで「おのずから」小説になるとして、その出来事の責任を負う主体である「私」が不在である文学。

 

 

【要約】

「則天去私」と「自己本位」ということの同時認識、同時成立に夏目漱石の文学の要点があるように思えるが、そこには「みずから」決断して為すことが、自然や天の「おのずから」にしたがうことだという考え方がある。自然主義文学では、私という「みずから」の身辺に起きたことを、「残る処なくさらけ出して」行けば、それで「おのずから」小説になるという発想があったが、そこには、誰も起きた出来事に責任を負う主体はいない。これは自己弁護、現実の無条件容認主義に堕しているといわざるをえないが、何より問題は、我々自身の中に、こういう発想があるがゆえに、こういう文学が書かれ読まれてきたことである。こうした発想には、「みずから」と「おのずから」の同一性・連続性が前提されており、それが「甘え」や「無責任の体系」として批判されてきたが、これは一方で「みずから」を超えた働きへの感受性が表明されているとも考えられる。幾多のすぐれた思想、思想の名に値する思想は、そのような感受性を研ぎ澄まし、日本の思想の陥りやすい傾向-単にそれを「甘え」や「無責任」と断じる思想傾向-を批判することで創出される。

 

 

 【復習問題】

次の説明文に当てはまる作家を、テキスト問5の選択肢の中から選べ。(解答は最下段)

①    (1909-1948)青森県金木村(現・五所川原市金木町)生れ。本名は津島修治。東大仏文科中退。在学中、非合法運動に関係するが、脱落。酒場の女性と鎌倉の小動崎で心中をはかり、ひとり助かる。1935(昭和10)年、「逆行」が、第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。この頃、パビナール中毒に悩む。1939年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚、平静をえて「富嶽百景」など多くの佳作を書く。戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し山崎富栄と玉川上水で入水自殺。

②    (1892-1927)東京生れ。東京帝大英文科卒。在学中から創作を始め、短編「鼻」が夏目漱石の激賞を受ける。その後今昔物語などから材を取った王朝もの「羅生門」「芋粥」「藪の中」、中国の説話によった童話「杜子春」などを次々と発表、大正文壇の寵児となる。西欧の短編小説の手法・様式を完全に身に付け、東西の文献資料に材を仰ぎながら、自身の主題を見事に小説化した傑作を多数発表。1925(大正14)年頃より体調がすぐれず、「唯ぼんやりした不安」のなか、薬物自殺。「歯車」「或阿呆の一生」などの遺稿が遺された。

③    (1862-1922)軍医・小説家・評論家。島根県生。名は林太郎。東大医学部卒。陸軍軍医としてドイツに留学、衛生学等を学ぶ傍ら文学・美術に親しむ。帰国後は公務の一方で評論・翻訳に力を注ぎ、また小説家としても活躍した。代表作に『舞姫』『山椒大夫』『高瀬舟』等がある。陸軍軍医総監・帝室博物館総長・帝国美術院院長。

④    (1906-1955) 昭和時代の小説家。明治39年10月20日生まれ。昭和6年「風博士」でみとめられる。戦後「堕落論」「白痴」などを発表。無頼派とよばれ,文明批評,歴史小説,探偵小説などの分野で活躍した。昭和30年2月17日死去。48歳。新潟県出身。東洋大卒。本名は炳五(へいご)。作品はほかに「吹雪物語」「日本文化私観」「不連続殺人事件」など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

① ハ ②イ ③ホ ➃ロ

 

2014第1学期『青木邦容の現代文』第8講建畠晢「美術館のジレンマ」要約を兼ねた復習問題

【要約を利用した復習問題】

次の文章内にある空欄に当てはまる表現を以下の選択肢から選べ。(解答は最下段)

【要約】

 一般的には美術館=展覧会という印象が強いが、そもそも美術作品の本来のありように照らせば、展覧会という鑑賞形式は不自然という意味で不思議である。元来、美術作品というものは、その自立した価値を個別に鑑賞すべきものであって、展覧会のテーマに見られる、作品自体の“外”にある基準に則して鑑賞されなければならない謂われはないからだ。それどころかそうした鑑賞形式下では、自立した作品の鑑賞を妨げ、その自立性を脅かしかねない。美術館は、たしかに作品を時の権力や宗教への奉仕から解放し、“芸術のための芸術”の安住の地となったが、その鑑賞形式の( A )ゆえに作品の自立性を脅かすというジレンマを持っている。しかし、たとえ美術館を否定し、作品を外に出すという方法で作品の自立性を回復しようとしても、結局は作品を路頭に迷わせるか、企業なり行政なりの新たな権力にモニュメントとして奉仕させるようになるか、またあるいは永続的な作品でなくしてしまうなど、結局は( B )という同じジレンマに陥ることになる。そういう点では、ジレンマさえ気にしなければ、美術館は作品にとっては居心地の良い空間と言える。こうした矛盾した存在が美術館であり、それでも近代的な使命として作品を市民に公開するということを遂行しなければならないのが、美術館の不可避的宿命である。そうであるからこそ、美術館の学芸員は、展覧会が自らの思想の表明であることを自覚しなければならない。展覧会は鑑賞者に、一定の文脈で作品を鑑賞させ、また鑑賞者を( C )にするからである。これは観客が学芸員の目のフィルターを通してしか作品に接することができないということであり、そういう意味で学芸員は( D )を有する。この点でやはり、美術館は作品の自立性を脅かす存在から抜け出せない、深く矛盾した存在であるが、その解消しがたいジレンマの中に美術館の魅力の源泉がある。モダニズムを象徴するアポリアとも言える、この矛盾の重要性に気づき、( E )べきであろう。

【 問1】空欄A.C.Dに当てはまる語句をそれぞれ一つ次から選べ。

➀普遍性 ②権力 ③象徴 ④博識 ⑤特殊性 ⑥苦行 ⑦文脈 ⑧奉仕 ⑨世俗性 ⑩ジレンマ

【問2】空欄B.Eに当てはまる表現を次からそれぞれ一つ選べ。

➀作品の自立を脅かす 

②作品を路頭に迷わせる

③作品を王侯貴顕の館へ戻す

④作品の我が儘を許容する

⑤作品を世俗に奉仕させる

⑥学芸員の名前を冠して責任の所在を明らかにしたような展覧会がもっと開かれる

⑦学芸員がいかに権力者であるかという自覚を持ち、その力をふるわないようにする

⑧学芸員が美術館の中で行っていることが、いかに恣意的で偽善的かが分かるような展覧会の開催をもっとする

⑨学芸員の立場を、もっとニュートラルに近づける努力をともなった展覧会の企画を行う

⑩学芸員が、もっと鑑賞者に対しても作品に対しても中立的で謙虚な気持ちになれるような、自らの名前を冠した展覧会を企画する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

問1 A ⑤ C ④ D ②

問2 B ① E ⑥

2014年6月8日日曜日名古屋校「代ゼミプレ夏期スペシャルセミナー」山田詠美「眠れる分度器」解答

今日やったパターンで考えると・・・

堤防を越えようとする時、その汗のしたたりは、[     ]になる筈だ。

となります。さて、【空欄に転換】した[     ]にはどんな表現が入るでしょうか。

2行手前に「そして、ある堤防まで辿り着いた時に、現在は、現在のためにだけ存在するようになるのを予感した」という表現があります。

傍線部分が[     ]の直前の「堤防を越えようとする時」と対応するのが分かりますか?

そこから[     ]に入る表現を推理します。

すると、さきほどの対応から堤防まで辿り着いた時」以降の「現在は、現在のためにだけ存在するようになる」の箇所が大きなヒントになるのが分かります。

「現在は、現在のためにだけ存在するようになる」とは、「現在」が「他の目的のために存在することをやめる」ということです。

ということは「現在」が存在するのは、その「現在」を生きるためだけだということでもあります。

つまり現在=目的となるわけです。

これに合うのは・・・➁ですね。

➀とか➂を選んだ人は「ヤバい」です。夏期講習会「青木邦容の現代文」(小説&評論解法集付属)を必ず受講しましょう。

2014第1学期『医系小論文』第8講【MEDICAL☆KING】 EXと解答

【MEDICAL☆KING EX】(㊟解答は最下段)

【Q1】

「患者と医師の間に流れる大きな河」12行目「医師の独善のみで医療が行われること」を一般に何というか。

 

A ムンテラ

B パターナリズム

C パーソナルメディシン

 

【Q2】

「患者と医師の間に流れる大きな河」16行目「疾患分布が感染症などの急性疾患から慢性疾患へ移行してきた」とあるが、その原因として正しいと考えられるものを次から選べ。

 

A ライフスタイルの欧米化と高齢化、及び医療施設の不足、予防医療へのシフトの遅れ。

B タバコ、アルコール、加工食品の蔓延と教育の不徹底及び運動不足、医療の高度化。

C 上下水道の整備、消毒、検疫、患者の隔離、予防接種等の社会環境の整備の不徹底。

 

【Q3】

「将来疾病を発症する可能性の高い個人を抽出し,抽出された個人に対して予防法を提供する戦略的方法」を何というか。

 

 【Q4】

厚生労働省が推進する21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)における基本理念の大きな根幹となっている、地域や学校など集団全体として発症を高める要因をコントロールする方法を何というか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

Q1.B Q2.A Q3.ハイリスクストラテジー Q4.ポピュレーションストラテジー

【参考】

小さなリスクを負った大多数の集団から発生する患者数は、大きなリスクを抱えた小数のハイリスク集団からの患者数よりも多いという点(予防医学のパラドックス)で、これまでのようなハイリスクストラテジーだけの予防医学ではなく、ハイリスク・ストラテジーとポピュレーション・ストラテジーの組み合わせが重要であることが分かる。集団全体に対して多大な恩恵をもたらす予防医学も、集団を構成する個人個人への恩恵となると少ないからだ。多くの人が、ほんの少しリスクを軽減することで、全体には多大は恩恵をもたらすのである。

【Extra-Self Check!!】《解答例》

 医療=サービス業であるという意識が過剰なまでに働いて行き着いた先が「患者様」現象だとすると、それは患者を医師や看護師=病院の上に位置させたことを意味する。たしかにサービスとは主従関係を伴うが、医療の究極目標である「患者中心の医療」には、患者の最善となるような決定を「共同作業」できる関係が不可欠である。その点で主従関係であり、かつ一時的な関係しか築けない「サービス」は医療には不適切である。「医療不信から『さん呼びでよい』と嘆く」患者の存在は、患者の「違和感」と、それに伴う医療者への萎縮も意味する。ならば「患者様」と呼ぶことは、患者―医師関係を対等に保つことの障害になることは明白であろう。

2014第1学期『現代文読解』第8講(問題番号は7)山室静「植物的生活から」漢字解答&記述解答と別解&復習問題&要約

【問1】

ア悲惨 イ適齢 ウはんさ エ事態 オ飛躍

【要約】

 現代の児童文学者は、アンデルセンの「モミの木」に代表されるような、悲惨な結末を持つようなお話を書かない。その結果、現代の児童文学は、明るく楽しい、子どもだけの世界を扱うものになってしまったが、元々、童話は子どもではなく、むしろ大人のためのものだったとして良いような、一般の文学と同じような内容を持っていた。それは縮図としての人生を描いたものであった。たしかに童話的表現はリアリスティツクではないとされるかもしれないが、それは人生の内的真実を象徴的に描いているからである。また、元々が教養ある貴族やインテリ層とは異なる素朴な人たちの中から生まれ、またそういう人たちを読者にしたことから、独特な童話的表現を発達させたという側面もある。いずれにせよ、それは真実を捉えており、決して子どもだましのようなものではない。ドイツ浪漫派の詩人ノヴァーリスは、そうした童話の高い意義を見出し、また童話の世界が文学の基準であるとして、その手法に触れている。彼によれば、「現実」の世界は真の文学と、その内容において食い違っているために、文学の基準となる、最も純粋な文学である童話は、当然、「非現実」の方法を用いて生の真実を描くために、幻想的に見えざるを得ないというのだ。

 

【問5】

現実の世界は、昔話や童話が描きたい生の真実と食い違っており、現実をリアリスチックに描いても、赤裸々な人生の真実を描く真の文学にならないから。

(別解)最も純粋な文学たる童話が描こうとする赤裸な人生の内的真実は、現実と異なる点で、現実をリアリスチックに描くことは目的から逸れることになるから。

 

【復習問題】

本文38行目「あらゆる詩的なものは童話的でなければならない」とあるが、ここで「童話的でなければならない」とはどういうことか。次の文の空欄に当てはまる形で、15字以内で本文中から抜き出せ。(解答は最下段)

〇 [                       ]ということ。        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】現実の世界とどこまでも対立する

2014第1学期『青木邦容の現代文』第7講保坂和志「世界のはじまりの存在論」要約&復習問題

【要約】

構造主義は言語を“完成されたもの”と考え、たんに“差異の体系”として人間に与えられたものとしたが、そもそも人間の肉体という基盤がなければ、言語は発生しなかったし、人間のものにもならなかった。その点で言語には、肉体や存在することのリアリティが息づいており、それを発見し直す必要がある。人間にも動物のような、言語に先行することのリアリティがあり、その意味で自然との連絡を一切無くしたという構造主義的な思考は、科学性を欠いた迷信や独断である。現にわれわれ人間は、自然も、恋愛対象も、そして親子関係そのものも、“差異の体系”の外にあることを、言語的な認識力や理解力以前に認識している。その点でも人間の肉体が言語に先行して存在したことは明らかであり、それこそが肝心なことなのである。

【復習問題】

次の中➀~④の中から「差異の体系」を説明したものとして適当なものを選べ。(解答は最下段)

 ➀実存とは、他の誰かと置き換えることのできない、かけがえのない自分自身であるが、そのような存在が可能なのは、各々の人間の価値を認めることのできる神との関係でしかあり得ない。

②現実の言語活動では、辞書に載っているような意味が既に決まってしまっている言語を使っているわけではなく、言語は他人との関係の中で、その都度、使用者の思惑を超えて意味が決まっていくものである。

③われわれ人間は、言葉を使用する際に、その言葉の意味の中に、他の言葉や意味を思い浮かべることで、その元の言葉の意味を理解する。

④言葉というものは、すでに客観的に存在する事物の秩序に、わたしたちが記号によって名前をつけていったものではなく、むしろ、そうした事物の秩序は、人間が言葉によって恣意的に編み上げたものである。

 

 

 

 

 

 

 

【解答】④

2014第1学期『現代文読解』第7講(問題番号は6)原研哉「シンプルはいつ生まれたのか」問7 漢字解答&記述解答と別解&復習問題&要約

【問1】

問1 ア探求 イ長ける ウ需要 エ逸話 オ魅惑

 

【要約】

□中国の青銅器は、その端緒から複雑な形をなし、精緻な文様でその表面が覆われていた。簡素から複雑へと向かうはずの人間の造形に反して、最初から複雑さを目的として探究されたのには訳があった。複雑さは集団の結束力を維持するための強い求心力の表象であった。青銅器は畏敬の対象となる力の表象であったのだ。ヨーロッパでも事情は同じであった。絶対君主の力が最も強かった時代は、バロックやロココといった装飾をとめどなく横溢させる様式が絶頂を極めていた。世界が「力」によって統治され、「力」がせめぎあって世界の流動性を作っていた時代には、文化を象徴する人工物は力の表象として示されていたことが分かる。しかし近代社会の到来と共に、世界が、人間が幸福に生きる権利を基礎とする社会へと舵を切ったことに合わせて、物は力の表象である必要が無くなった。物と機能との関係の最短距離が志向される合理主義的思考の時代である。19世紀以降たしかにここが複雑からシンプルへの変換点だという現象は見当たらない。しかし、モダニズムとは、ものが複雑からシンプルへと脱皮するプロセスそのものであり、その中でシンプルという価値観が人々に新たな理性の灯りを灯し始めたのは19世紀中葉であろう。世界は今もシンプルという中軸をたずさえて、この瞬間も動き続けている。

 

【問5】

(最も書きやすい解答)集団の結束力を維持する求心力を示すのに、見る者に畏怖を与える必要があったから。(39)

(別解・許容解)

〇集団の結束力を維持する畏敬の対象となるよう、眼に訴える形で求心力を顕現するため。(38)

〇精緻と丹精を可能にする強大な力を顕現させて、威圧と畏怖を見る者に与えるため。(38)

 

【復習問題1】

本文では「簡素」という意味を持つ言葉として「プリミティブ(原初的)」と「シンプル」という二つの表現が登場するが、筆者の主張から考えると、この二つの言葉の違いはどういう点にあるか。40字以内で表現せよ。(解答は最下段)

【復習問題2】

以下のカタカナ部分を漢字に直せ。

➀哲学を勉強して真理をタンキュウする。

②警部は事件の真相をタンキュウされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

【復習問題1】

シンプルは、簡素なだけのプリミティブと異なり、新たな理性を人間にもたらした。(38)

【復習問題2】

➀探究

②探求

51 / 59 page« 先頭...102030...4950515253...最後 »