【注意】パスワードについて【注意】

2015年年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

2016年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

2017年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

並びに

現在、最新入試傾向を踏まえ絶賛放映中2018年度通年単科ゼミ

それぞれの講義についての情報を閲覧するためのパスワードは全て異なります

各講義第1講目(あるいは第2講目以降)で「パスワードについて」の説明をしているので、受講している講座(の年度及び期間をよく確認した上で、それ)に合致したパスワードを入力して下さい。

この規定は当HPのTOPPAGEの下部に位置している【ダウンロードコーナー】にも適用されています。

㊟もし、何か不明な点があれば代々木ゼミナール各校舎へ直接問い合わせていただくか、本HPの「お問い合わせ」から御連絡下さい。ただし「お問い合わせ」の場合は①どこで講義を受けているか②受講番号あるいは学生番号ーを必ず明記して下さい。上記2項目が明記されていない場合、セキュリティの関係でパスワードをお教えすることができません。予め御了承下さい。

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のハイレベル現代文』第2講小浜逸郎『人はなぜ働かなくてはならないのか』復習教材

問題 94行目~96行目「労働は人間精神の~潜ませている」とあるが、「それははじめから関係的な行為である」とはどういうことかを具体的に説明した箇所を二箇所指摘し、それぞれ最初と最後のの5字を抜き出せ。

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

◯人はそれぞ~ている」。

◯できあがっ~ている」。

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のセンター現代文』第5講橋爪大三郎『はじめての構造主義』補足解説

問1 テキスト69㌻~70㌻参照

問2 理由説明は、まずその傍線部の内容が理解出来ていないと「理由」が導き出せない。なので、傍線部を言い換える必要がある。当然青木方式22で「不足情報」=「このこと」が出ているので、この内容を追いかける。「このこと」は第4段落の内容を指しているのだが、どういうことを言っているかというと「言語のいかんいよって対象の切り取り方が異なる」、たとえば英語と日本語の比較で描かれているように、言語が異なれば、単に「表現の仕方」が異なるのではなく、何を何と分類する(あるいは分類せず一緒にする)のかが全く異なるということを述べているのである(『青木の現代文「単語の王様」』〈代々木ライブラリー〉112㌻~116㌻参照)。

 しかし、ここで「このこと」の内容は分かったとしても、なぜそれが「とても重大」なのかは分からない。なぜかというと「書いていない」からである(笑)。なので、青木方式6を意識して、傍線部Aと対応する箇所を探しながら読み進む必要が生じる(青木方式18「後回し」)。

 すると先ほど捉えた「このこと」の内容と同じ内容が6段落以降に頻発するのが分かる。13~15行目「英語だとか~依存してしまうのである」、16行目「言語が異なれば、世界の区切り方も当然異なるのだ」、17行目「ある言葉が指すものは~構わなかったのである」-がそれだ。また筆者が、そもそも「とても重大である」と言うことは、青木方式9で私たちの常識や通念と異なっているはずである。その点で、12行目「日本人はふつう~信じている」という内容と対立する、言葉の違いが世界の(捉え方の)違いであるという発想は、たしかに「重大」な意味を持つ。これらをコアにして(青木方式27)選択肢を吟味する。

 

コア=世界のあり方は、言語に依存している=言語が何を指すかは、社会的・文化的に決まっているだけで、自然現象の中に物理的、物質的な根拠はない(私たちの通念とは異なる)。

 

1 そもそもコアがない 

2 まず「このこと」の内容を日本語と英語の例に限っているのがおかしい。日本語=「水」「お湯」「氷」、英語=“water” “ice”という分節の仕方の違いはあくまで「例」」であり、またそのことを人類学者が「気付いた」ことが重大なことではない、という意味でこれもコアなし。

3 「言葉が何を指し~関係がないこと」を「色の識別を通して気付いた」のではない。またコアもない。

4 そもそも「文化の多様性」の維持という話はしていない。

5 コアがある。これが正解。

 

問3 これも設問構造自体は問2と同じである。29行目にある「ちょっと考えると~思える」という表現からこれが我々の「思い込み」「通念」だということが分かる。なので筆者の言いたいことは、青木方式9からそれとは対立する内容であることをまず前提として押さえておく。ちなみに9段落~11段落の内容を簡単言うと、我々は普通、言語を誰にでも同じように聞こえる物理音として、最初から例えば「ア」という音と「イ」という音は違う音として、最初から区別されているように思っている。しかし、「ラ」はどうか?「ラ」をローマ字に直すと「Ra」あるいは「La」であるが、我々はこの違いを「無視」している。しかし英語ではそうはいかない。彼らは「R」と「L」をはっきりと区別している。これはどういうことか?実は4段落から8段落に書かれていた「対象を言語で指し示す場合」と同じように、言葉の「音」も、絶対的な区別を持つ物理的なものではなく、各民族でそれを区別するかどうか、実はその言語を使う民族の「勝手」=「恣意」だと言うのである。したがって「R」と「L」を区別する民族もいれば、我々みたいに「ラ」は「ラ」一語で、そこにRとLの区別を立てていない民族もいるということになる。これはすなわち傍線部Bにあるように、言葉は最初から物理的な「音」として明確な区別を持つものではなく、様々な形で存在する「音」を区別するかしないかを各言語で決められた上に成立しているものだと言っているのだ。

この傍線部のコアは青木方式32で直前の内容を、今説明してきたような感じで捉えれば良い。

コア=言語は、最初から区別のある物理的な音声ではなく、どこにどのような区別を立てるかは、言語が異なれば全然違ってくるものである=各言語の区別の仕方が言語の音を成立させている。

 

1「それ(=物理的な音声そのものにある特徴)」を「全く関係」ないとしている点が×。33行目にあるように「区別されるのは物理的な音声の特徴」であるが、どの特徴を元にそれを区別するかは各言語によって違うと言っているのだ。

2 コアなし。論外。アメーバ選択肢。

3 「表現上の区別」」ではない。欲しいのは「音の区別」。

4 「物理的特徴」は「ある」。

5 「私たちが音声としての言語を区別できる」のは「区別の立て方」による=コア「各言語の区別の仕方が言語の音を成立させている」となる。正解。

 

問4 「シニフィアン」と「シニフィエ」が結びついたものが「記号」になるという意味を理解出来ているかどうか。本文では「犬」の例で説明されているが、ここを簡単にまとめると「犬」=「イヌ」という表現(の仕方)とその表現が持つ「意味やイメージ」=「概念」が結びついたものが「記号」としての「言葉」だと言うのである。本文にある犬の例に沿ってもっと単純化すれば、音と意味が結びついたものが「単語」だと言うわけである。

これをコアにする。

 

1 コアなし

2 「シニフィアン」はそもそも「表現の多様性」のことではない。

3 「チューチュー」は「鼠」という意味と合わさって「鼠」という単語を作る、「シニフィエ」ではなくむしろ「シニフィアン」である。

4 表現は「シニフィアン」である。

5 コアに合致。正解。選択肢内「音のイメージ」とあるので「イメージ」は「シニフィエ」じゃないのかという文句を垂れるアメーバがいるかもしれないので補足。選択肢には「〈ai〉という音のイメージ」とある。ということはこれは音のイメージ、つまり表現された「音の特徴」の意味なので「シニフィアン」になるのだ。

 

問5 青木方式21及び22を使う。この傍線部Dは形式的には1文だが、意味内容的には「不足情報」を持つ。「何」が「消極的に表現するしかないわけである」のかということだ。これは前の文を見れば分かる。「あ」が「どういう音か説明しようとする」ことである。ここまでの筆者の主張が分かっていれば、傍線部の直前の内容だけでコアは取れるが、もし分かりにくければ青木方式33で直前の内容を説明した箇所を探してみると良い。すると69行目~70行目に「同じように、「あ」~決まるのである」という表現に注目できるであろう。しかしここまで読み進むまでに「オタクの法則」で(青木方式7)、大根の価値の例が述べられているので、ここから筆者の言わんとすることが分からなければ、それこそ「ウソでしょう~!?」となる(笑)。要するに、「あ」は「大根」と同じく、それ自身に最初から決められた意味や価値があるのではなく、他のもの、たとえば他の文字・言葉、あるいは文脈などとの関係をもってはじめて「あ」の意味は決まると言っているのだ。ちなみに「あ」の例は「例」であって筆者の言いたいことは62行目「言語や記号システムの中には、差異(対立)しか存在しない」ということなので、解答の際には「あ」の例にこだわる必要はない。

 

よってコアは「言語や記号システムの中には、差異(対立)しか存在しない」=「言葉の意味や価値は、その言語体系内の他の言葉等との差異で初めて決まる」にする。

 

1 そもそも「そのものが本来持つ音声や意味、あるいは絶対的価値」などは表現する以前に「ない」と言っているのだ。

2 「あいうえお」と「かきくけこ」の「文字の形や、それらの組み合わせの違い」から「意味の差異」が強調されるという話自体がない。

3 「属性」とはあるものが元から持っている性質のこと。つまり「あ」という文字や音の特徴(=属性)が、「あ」の意味を決めるのではなく、他のものとの「対立」=「差異」から初めて意味が決まるということ。例えば、「あ」は「い」でも「う」でも「え」でも「お」でもない・・・、というように表せば「50音」の中での「あ」を説明でき、またそれは例えば、10円の価値がそれだけで高いか低いのかが分からないのと同じである。100円と比較すれば低く、1円と比較すれば高い。つまりそれ自身が価値を持つのではなく、他の関係(=対立=差異)等によってはじめてそれが決まるのが言語だというわけである。コアを持っているのはこれ。

4 「言葉の曖昧性を排除」するとか、「表面的な言葉の意味や形にはあえて注目しない」とか、無関係。

5 「あえて意識的に区別しようとしない」という表現が蛇足=余計。後はコア通りなんだが・・・おしい(笑)。

 

問6 青木方式17、30を使って吟味していく。

1青木方式30で×。始まり方の説明がアウト。「その局面を裏付ける具体例」では、筆者は、言語が物理的現象であることを証明することになってしまう。

2青木方式30で×。後半の説明がおかしい。「その差異こそ」の指す差異が、ここでは「シニフィアン」「シニフィエ」の間にある差異になってしまっている。

3青木方式30で○。始まり方、終わり方、共に良し。

4青木方式30で×。終わり方の説明が無茶苦茶。そもそも「言葉が何を示し、何を意味するか」は、「音声の区別」で決まるという内容は本文にない。

5青木方式30で×。「シニフィアン」「シニフィエ」は「実体」ではない。あくまで記号を形作る、表現とその意味であり、それは他のものとの関係によって変化するゆえに「実体」ではない。

6青木方式30で○。

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のセンター現代文』第2講山崎正和『無常と行動』復習教材

問題1 次の文章=要約の空欄に当てはまる表現をテキスト本文中から抜き出して書け。

問題2 空欄Xにあてはまる言葉を講義を思い出して書け。5字。

実存主義者たちは、選択の場所と選択の自由意志、つまり( 1 )と( 2 )とを切り分け、現在を二重の空白の時間とも言うべき、( 3 )と考えて、( 2 )を選び取ることができる人間の自由を保証した。しかし、( X )、つまり人間の肉体と精神を鮮やかに切り分けられるという考えが滑稽で非現実的であるように、自分の( 1 )と( 2 )を切り分ける考え方は、やはり楽天主義としか言いようがない。実際の私たちは、任意にそれらを切り分けることが不可能な、ひとつながりの濃密な現在に生きるしかなく、こうした現在に生きている限り、( 2 )に向けて行動を選択はできても、その行動を完結させるという結果は選ぶことができず、主体的に行動を選べば選ぶほど、かえって結果に対して、私たちは( 4 )の姿勢で臨まねばならない。もちろんそれは人間が環境や外的条件に逆らえない存在であるという意味ではなく、人間は自由意志を持って環境に対峙はできるが、そもそも自分が存在するその環境、あるいはその環境と巡り会う機会を前もって選ぶことは不可能なのである。

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

問題1

1過去

2未来

3純粋な空白

4自己抛棄

問題2

心身二元論

 

 

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のハイレベル現代文』第5講山崎正和『藝術・変身・遊戯』解説及び復習教材

問題 10行目「二重のクウキョ」とはどういう状態か。50字以内で述べよ。(解答は一番下)

《テキスト掲載設問補助解説》

問2

イ第1段落後半の内容が理解出来ているかどうか。私たちは現実の日常生活の中で、「前向き」に生きている時がある、つまりそれは「主体的」に生きているわけだが、そういう時にはある目的達成のために、現在の自分を手段にしてしまう。すると常に主体的であろうとすればするほど、「かえって」今の自分は、次々と手段化され、決して「今」が充実することがないと言っている。青木方式21・22から指示語「これは」に注目。直前の「(目的に向かって)生き急ぐ」⇔「置き去り」という矛盾した表現に注目。あるいは青木方式6から、31行目「ところで~だろう」内「このような逆説」という表現に注目しても解ける。

ハやはり青木方式21。1文にして考える。まず「目的のないものに目的追求の姿勢で立ち向かう」に注目。この表現が意味するところは「頑張っても無駄に終わる」ということ。また、青木方式24で空欄直後の指示語以下を見る。「それを避けることは難しい」とあり、またこれを(必要ならば)28行目「キョウセイされている」まで読みつなげても良い(青木方式33)。いずれにしても「できないことをさせられている」という意味になることが分かるであろう。ここから人間の「悲劇」という表現が導かれる(「滑稽」という表現が付いているのは、人間がそれに気付かずに、自分達にとって「良いこと」と思って続けている点を皮肉っている)。

問3講義で説明済み

問4講義で説明済み

問5講義で説明済み

問6 理由説明の公式を使う。また傍線部に関して今回は「充実して生きようとする人間の善意」「裏切られる」が「ピックアップ」されている。こういうタイプの問題は、まずそれぞれを説明しようとするとうまくいくことが多い。

「充実して生きようとする人間の善意」→17行目に注目「人間は~押しつけてくる」→人間は人生を充実させるために様々な技術を産み出す。

「裏切られる」→13~15行目に注目「人生のかな~のである」→現在を充実させるということから人間を遠ざけてしまう(=当初の目的から遠ざかっていく)

これらをドッキングすると直接理由が完成。

 

(直接理由)充実した生のための「技術」はかえって人間を、現在を充実させて生きることから遠ざけるから。

 

これに公式を当てはめてまず間接理由を考えてみる→「なぜ技術は人間を、現在を充実させることから遠ざけてしまうんだろう?」→18行目に注目『技術は、人間にたいして「目的追求(未来に向けて今を犠牲にする)」の姿勢を押しつけてくる』からだ。

 

→間接理由に採用。直接理由とドッキング→《解答例》充実した生のための「技術」は人間に「目的追求」の姿勢を押しつけ、かえって現在を充実させて生きることから遠ざけるから。

 

問7 本文の要約的問題。まず大切な箇所を青木方式11から31行目「ところで」以下だと認識できたかどうか。そもそも人間の人生が否応なく目的追求型になってしまっている中で、芸術が何を人生にもたらすのか。一言で言えばそういう人生の「中断」である。「中断」ということはまたそれを始めなければならない。しかし、一時の間「中断」することで、人生は「充実したもの」を僅かながらではあるが取り返せるというわけである。

 

そこで-まずポイント①「実人生を充実させる」が欲しい。これはミクロ。

    ポイント②としては「芸術の意義」=34行目から「目的追求の姿勢を逆転させる構造(持つから)」をマクロとして使いたい。

《解答例》芸術は、その目的追求の姿勢を逆転させる構造によって、人間の実人生を充実させる。

 

ダメな解答=アメーバ解答は「芸術は、現実行動の流れを中断し、人間の目的追求の姿勢を逆転させる構造を持つ。」という感じのもの。つまりこんな解答は、「一箇所をまとめただけ」で「(筆者の主張を)考えておらず」、またもしこういう「~構造を持つ」という終わり方にしていたならば、芸術の「構造」の説明になってしまっており、設問が要求する「実人生に対する芸術の意義」を説明していない点でも×。アメーバ。

【復習教材《解答》】10行目「二重のクウキョ」とはどういう状態か。50字以内で述べよ。

過去と未来の間で、現在の自分を未来の自分のための「手段」とすることで、自分の現在を生きていない状態。

 

 

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のセンター現代文』第1講野矢茂樹『哲学・航海日誌』復習教材

問題1 次の文章=要約の空欄に当てはまる表現をテキスト本文中から抜き出して書け。

意思作用の空虚さという点で、身体と身体ならざるものたちとの相違点はないが、全ての( 1 )行為が何らかの身体動作を含み、またそれが意識されない点に( 2 )が存在する。しかしそれが意図せぬ結果を引き起こした場合、その結果を引き起こした責任の自覚を通して、その原因たる自分の身体動作が意識され、それまで意識されなかった身体がその瞬間から意識されるようになる。そういう点にも( 3 )が見られる。

問題2 82~83行目『われわれはまさに「身体を張って」行為するのである」とあるが、これを説明した箇所を70字以内で抜き出し、その最初の5字と最後の5字を書け(句読点含む)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

問題1

1意図的

2身体の独自性

3身体の独自性

問題2

すべての意~とになる。(74~75行目)

 

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のハイレベル現代文』第1講矢萩喜従郎『平面 空間 身体』復習教材

問題 次の文章=要約の空欄に当てはまる表現をテキスト本文中から抜き出して書け。

様々な状況、状態で感じる不快な感覚を分析してみると、それは痛みにも似た感覚であり、それを「( 1 )」とした。一列になって並んだ人は、自分が両側にいる人達との間隔を推し測りながら、その間隔を決定しているが、両側の人達も同じ行為を( 2 )に行うことによって、お互いが均等の距離をもって並ぼうとする。そこでは、自分自身の身体が通常意識されず、他人の身体や物が存在することによって生じた( 3 )であるという意味で、意識する主体とは透明な状態であると言える。その透明な状態にある自身の身体が、隙間や空間を変化させた時に、隙間や空気の粒子の変化に反応し、障りの感覚を感じることになる。つまり両側の隙間が均等であれば障りの感覚は感じないが、視覚的にそうした距離が取れない状態になると、その感覚に( 4 )なども反応し、障りの感覚が生じる。障りの感覚が、( 5 )由来のものであるのは、日常生活における先端恐怖症の例を見ても明らかであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

1障りの感覚

2連鎖的

3隙間や空間

4皮膚感覚

5視覚

 

 

2013第2学期『青木邦容の現代文』第12講滝浦静雄『「自分」と「他人」をどうみるか』要約

《要約》

漠然とした快に対して苦痛は必ずどこかの痛さ、苦しみであることから、それは対象言語に属する実体を備えたものと言えるが、かえってその明瞭さ故に、我々は他者の痛みに感情移入することができ、痛みを分かち合い、間接的にであれ対処することができる。その点で、苦痛こそは共生の契機であり、痛みの分かち合いにこそ倫理の開始点があると言える。

2013第2学期『青木邦容の現代文』第11講熊田孝恒「マジックにだまされるのはなぜか」要約

《要約》

マジックは、マジシャンと観客の間のコミュニケーションによって成立するが、そこにおける重要な人間の特性は、人間が他者の心を理解し予測する特性を有することである。人間は成長するにしたがって、他者の感情や意図を理解する機能としての「心の理論」を身につけていく。マジシャンと観客は、この「心の理論」を駆使し、また観客はそれでいて引っ掛からないようにする、という高度な駆け引きを行っている。そうしたマジックは観客を欺くエンターティンメントであるが、観客は、しかしながら完璧にだまされることを楽しむというきわめて特殊な心理状態を経験する。観客がだまされることを楽しむ人間のメカニズムは分かっていないが、そのヒントは脳の活動にある。基本的にはマジックを見た時に起こる脳の活動部位は、既存の知識から導かれる期待に反するようなことを経験した時に活動する部位と同じである。脳は、生体にとって予想に反する出来事を、より的確に検知した方が生存に有利であるため、それを見つけることを楽しく感じるようにプログラムされている可能性がある。その点で、マジックを始めとするエンターティンメントの楽しみの根源が人間の生存にかかわるメカニズムに関連するかもしれないという仮説は、興味深い。

2013第2学期『現代文読解』第12講茂木健一郎「疾走する精神」要約&記述解答

《要約》(講義時間の都合上、早いペースだったので、講義内容を補完する意味で長めに構成しています。)

世界中の人々がインターネットという「スモール・ワールド・ネットワーク」でお互いに結び付けられる現在、世界中の人々が持つ、よりよく生きたいという素朴で切なる願いに資するような思想でなければ、世界的な影響力を及ぼすものにはなり得ず、それはさまざまな地域に住む人々がよりよく生きることを助けるものでなければならない。地域を超えた結びつきがますます密になるこれからの社会では、異なる他者が共に生きる共生の生命哲学が必要だが、「もののあはれ」の伝統を持つ日本は、そうした生命哲学を生み出すことができるはずである。というのも、「もののあはれ」を解する日本人の生命哲学の中には、もともと変化と切り結んで自らを変えるという叡智があったはずだからだ。そもそも色合いが異なる者同士が丁々発止と渡り合ってこそ、「共生」は意味を持つが、またそのためにこそ国家や社会の中にある恒常性への志向ということ自体を対象化し、客観化し、それを多様性の増大のめにうまく機能させるような発想が必要である。日本に限らず、ある国が独自の伝統を言い立てる時は、大体において国としての同一性、自我が揺るがされている時だが、その時に伝統を守るという恒常性を、変化に対して目を瞑る方向ではなく、新しい自我を作り上げるように積極的に運用する必要がある。その意味で自己同一性を保つということと、変化に身をさらすこととは矛盾せず、むしろ頑強な恒常性維持作用があることが、多様で偶有性を増す現代社会における生命哲学を全うするための前提とも言える。以上の点からも日本が、他者に開かれると同時に確固とした自己を持った魅力的な国になるために、日本の伝統である「もののあはれ」の核心には実は強靱な自我があるという洞察が必要なのだ。

《問8》異なる他者が共生するための、頑強な恒常性維持作用をもとに変化に身をさらし自らを変えるという叡智を元々持っているから。

(別解)

共生には、「個」の確立とその変化が必要だが、「もののあはれ」は、強靱な自己を前提に自らを変えられるという叡智を持つから。

2013第2学期『現代文読解』第10講上田三四二「子規の尖端」要約

《要約》

子規の言葉のなかで私のもっとも好きなものは「病牀六尺」に収められているが、この時の子規は余命、あと1ヶ月と少しだった。ここには「造化の秘密」を窮める予感を持ち始めた子規がいるが、その1年と3ヶ月前に作られた「おぼつかなくも筆を取りて」では、彼は写生の実践の最上の達成、つまり写生でありながら自らの感興を出すことに成功しているが、「造化の秘密」をうかがうまでには至っていない。またその6日後の「しひて筆を取りて」十首では、彼は自らの理論である写生から自由になったかのように、ひたすら先途無きおのが身ひとつを嘆くように、自らの切実な思いを歌っているが、やはり「造化の秘密」には至っていない。しかし「しひて筆を取りて」では、彼は写生理論から跳躍し、自らの心そのものを歌うことに成功している。

49 / 53 page« 先頭...102030...4748495051...最後 »