【注意】パスワードについて【注意】

2015年年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

2016年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

及び

2017年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

それぞれの講義についての情報を閲覧するためのパスワードは異なります

各講義第1講目(あるいは第2講目)で「パスワードについて」の説明をしているので、受講している講座(の年度及び期間)に合致したパスワードを入力して下さい。

この規定は当HPのTOPPAGEにある【ダウンロードコーナー】にも適用されています。

㊟もし、何か不明な点があれば代々木ゼミナール各校舎へ直接問い合わせていただくか、本HPの「お問い合わせ」から御連絡下さい。ただし「お問い合わせ」の場合は①どこで講義を受けているか②受講番号あるいは学生番号ーを必ず明記して下さい。上記2項目が明記されていない場合、セキュリティの関係でパスワードをお教えすることができません。予め御了承下さい。

2014春期講習会『センター現代文』第3講氣多雅子「ニヒリズムの思索」復習問題&漢字解答

【問1】 

ア 守護 ①娯楽 ②相互 ③誤認 ④護身 ⑤覚悟

イ 規定 ①既成 ②心機 ③正規 ④騰貴 ⑤分岐

ウ 端を ①大胆 ②生誕 ③極端 ④単刀 ⑤担任

エ 培  ①倍率 ②培養 ③媒体 ④陪席 ⑤購買

オ 潜  ①旋風 ②汚染 ③接戦 ④潜在 ⑤繊維

 

【復習問題】次の文章は本文の『要約』である。テキストを参照しながら以下の設問に答えよ。

伝統とは、様々な( ① )で捉えられるが、ある集団のアイデンティティの成立と解体に関して要となるのは、日本の精神伝統対西洋文明という構図に見られるような、伝統の( ② )な対比である。だが、現代では伝統的なものと伝統的でないものという( ③ )対立の形が前面に出てきているように見える。それを際立たせているのは近代に特徴的に見られる反伝統的な傾向であるが、それを促進させたのは科学の発達がもたらした大きな技術的成果と、科学知により人は啓蒙されるべきであるとする考え方である。こうした構図では、現代の科学技術は伝統を持たないという捉え方によって規定されているが、それはヨーロッパ世界以外の地域において、[ X ]という意味であり、その意味ではその地域の文化伝統との緊張関係を失うことはない。しかし圧倒的に重要なのは、そうした近代科学および近代科学技術が、本質的に自らの伝統的起源を無化するという意味での、( ④ )なその性質である。現代においては、そうした科学知の体系は、世界文明を形成するものとして現れているが、それは現代の世界文明は、伝統的では無いということである。したがって我々にとって伝統とは自明なものではなくなっているゆえに、常に伝統とはないかを問い直す必要性に迫られている。

問1 テキストを参照しながら空欄に当てはまる言葉を以下の選択肢の中から選び、『要約』を完成させよ。㊟解答は最下段。

 

A絶対的 B普遍的 C相対的 D相反的 E位相 F意義 G非伝統的 H構造I 並列的

 

問2 空欄Xに入る表現を次から選べ。

 

①キリスト教によって培われてきた

②その地域の文化伝統に由来するものではない

③その地域の文化伝統に元来から含まれていた

④現象の中で解消されることはない

⑤その地域の伝統と対比の延長線上にない

 

 

 

【解答】

問1 ① E②I ③D ④G

問2 ②

 

2014春期講習会『センター現代文』第1講中村光夫「芸術家と芸人」復習問題&漢字解答

【問1】

ア概念 ①該当 ②概算 ③外郭 ④生涯 ⑤憤慨

イ思潮 ①姿勢 ②私腹 ③闘志 ④思慮 ⑤視察

ウ端的 ①発端 ②単調 ③短縮 ④探索 ⑤担当

エ厚遇 ①巧妙 ②好悪 ③動向 ④濃厚 ⑤変更

オ需要 ①授受 ②内需 ③享受 ④成就 ⑤樹立

 

【復習問題】次の文章は本文の『要約』である。テキストを参照しながら空欄に当てはまる言葉を以下の選択肢の中から選び、『要約』を完成させよ。㊟解答は最下段。

戦前までの小説家は、俗社会に対して( ① )であったがゆえに、社会的に孤立した存在であった。彼らは自分達を世界の最新の思潮の中に生き、他の芸術家と比較して同時代の中で最も誠実な生活者たる自負と使命感を持ち、自分達を異端視した社会に抵抗することを( ② )として、秩序と生命を保持した芸術を生み出すことができた。しかし戦後、文学者が厚遇されるという幸福に与った反面、文学者は( ② )を支えていた敵としての社会を失い、世の風潮と流行に左右される( ③ )に成り下がる危険にさらされている。その意味で現代の芸術家は、( ④ )が多く、しかも芸術の理念を持ちにくいなかで、芸術を信じ、自分の存在理由や使命あるいは仕事の理想を見つけていかねばならず、その点では前代の芸術家よりも不幸であると言える。

 A 娯楽の需要 B 心理学者 C戯作者 D異端 E反抗的批判的 D職業 E職人 F社会的地位の低さ G芸人 F自己の存在理由

 

 

 

 

【解答】

 

①E

②F

③E

④A

 

 

 

2013/2014冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック』「質問が出た箇所」についてまとめておきましたコーナー

㊟以下、講習期間中に質問があった箇所である。同じ箇所を「わかりにくい」と感じていた人は参考にして欲しい。

合格目指して、最後までやり抜こう!!今までやったテキストの【反復×反復】が君を救う!!

【冬だ!青木だ!①】

問3 14段落内、空欄あの前後でこの空欄を考えるのが難しければ【青木方式⑱】に従い、後回しにした上で75行目~79行目の内容に注目すれば良い。

 例えば75行目「どうしても~同じことになる」は内容的に62行目「本当に困った~構造にある」と対応している。その点に気付けばあに「相互性の倫理」が入ることが分かるであろう。

 

問4 倫理でベンサムやミルを勉強した人は、ここに「功利的」を選んだかもしれない。「最大多数の最大幸福」、つまり社会全体の幸福を最大にし、それをもってして多くの人の幸福を実現するという考え方が、15段落の内容に合うという発想は合っている。しかし、空欄いの前後を見ると、後ろに「なおかつ全体の利益に結びつくような決定方式」とある。もし、「功利主義」の説く「最大多数の最大幸福」の意味で空欄に「功利的」が入るならば後ろの「全体の利益に結びつく」は不要のはずである。なぜなら「功利主義」は、たしかに全体の利益を優先するために一部の少数者を切り捨てる可能性を孕んでいるが、今述べたように、その内容に既に「全体の利益」を優先するという思想が込められているからだ。したがって空欄に「功利的」がその意味で入れば「全体の利益を優先し、かつ全体の利益に結びつくような」となり、意味が二重に重なってしまう。やはり「民主主義的」の方が良い。

 

【冬だ!青木だ!②】

問3-2 【青木方式㉑】で考えた場合、この波線部までの内容がヒントになることは分かる。そこで注目して欲しいのは「見立て」という言葉である。つまり波線部は「見立て」の説明を求めているわけで、「見立て」が「意味」を発生させていると言っている。そこで設問に目を遣ると「他のものになぞらえること」という説明があり、これは本文における「見立て」の説明の一つであることがわかるが、要はそれ以外に「見立て」を説明した箇所を指摘せよと言っているのだ。すると先ほどヒントだと言った直前に『この命名の操作を「見立て」といえば』という表現が見つかる。そこで「この」の指す「命名の操作」の説明をまとめれば良いということになる。解答に入れるべきポイントは「擬人化」である。

 

【冬だ!青木だ!⑦】

問3 この設問ではDと答えた人が多かった。27行目に「四つの命題相互の関係をも明示する」と書いてあるからだろうが、もう少し良く検討して欲しかった。【青木方式㉑】で「別の言葉で言えば」に注目し、前を見るのは良いが、【青木方式㉓】でS-Pに注目し、S「個別の四つの命題を総合する最後の文は」をヒントにして、これが26行目「この文は」と同じなことに気付いて欲しかったわけである。そこには先ほどの「四つの命題相互の関係をも明示する」があるが、これはその上に「第二に」とあるように、「この文」の二番目の特徴を表したに過ぎない。要は「東京で生まれて育った私は、米屋で買う米を、ほとんど毎日食べる」という「この文」は、「私は東京で生まれて育った」「私は米を米屋で買う」「私は米をほとんど毎日食べる」という三つの細部=修飾語を、骨格の文「私は米を食べる」にある「私」「米」「食べる」という被修飾語=細部にそれぞれ関係づけることで(全体が)できあがっていると述べている訳である。したがって「全体と部分の関係を明示する」つまり「全体を形作るために細部が適切に結びついている」ということになり、これで「構造化」している、つまりひとつつの意味を持つまとまりのある文ができあがっているということになるわけである。

 

【冬だ!青木だ!⑧】

問1 空欄補充で間違いが多かったのは意外にもaだった。【青木方式㉕】で因果関係に注目し、空欄aの下、『引き受けた「ので」』に注目し、それに続く「女性が~逸してきた」と、20行目の「フェミニストたちは~押しつけられてきたせいで~進出は妨害されてきた」との類似性に着目できれば、「押しつけられてきた」から「専一的」が正解だと分かるのだが、「一心」を選んだ生徒が結構いた。恐らく「一身」と間違えていたのではないだろうか。「一身」なら「自分の身に全て」という意味になって、とりあえず文脈に合うのだが、選択肢は「一心」であって「専念して、心を集中して」の意味であるからここでは間違いである。

 bに関しては「何となく」正解した人が多かったみたいだが、27~29行目が【青木方式⑫】から「まとめ」だと分かるので、それ以前に根拠を探せば良い。「僕が言いたいのは~ということです」までは、要は「相互扶助・相互支援を排除すべきではない」ということなので、その根拠を探すと16~17行目に「相互扶助・相互支援のシステムが働かなくてもこの先も大丈夫かどうか、それはわかりません」とあるのに着目できる。なぜなら「わかりません」とある以上、これから「相互扶助・相互支援のシステム」を「完全に無くす」ことはやはりできないということを筆者は述べていることになるからだ。したがって空欄bには「完全に」と同じような意味を表せる「根本的」が入る。

2013/2014冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック』冬だ!青木だ!⑧内田樹『下流志向』復習教材

【問題】37行目「人々は戻り道のない社会的降下のプロセス」を「こう宣言することによって」歩み始めるのはなぜか。50字以内で説明せよ。

 

 

 

 

 

 

《解答例》

相互扶助・支援のネットワークに属していないせいで、社会を生き抜く際のリスクをヘッジできないから。

2013/2014冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック』冬だ!青木だ!⑥鷲田清一『噛みきれない想い』復習教材

【問題】3行目筆者の訪ねた施設が「高齢者介護の博物館」といわれるのはなぜか。30字以内で答えよ。

 

 

 

《解答例》

認知症介護の様々な状況に対応した介護のあり方が揃うから。

2013/2014冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック』冬だ!青木だ!⑤外山滋比古『日本語の論理』復習教材

【問題】19行目「多元論の論理は生物学的である」と言えるのはなぜか。50字以内で答えよ。(ヒントは「有機的」という言葉)

 

 

 

 

 

《解答例》

矛盾するものであっても共存させている点が、有機的なつながりを持つ生命の現象と共通するから。

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のハイレベル現代文』第4講岩井克人『未来世代への責任』復習教材

問題 65行目「私は『悪魔』の一員として失格した」と言いながら、70~71行目「私も立派に『悪魔』としての役割を果たした」とあるが、これはどういうことか。120字程度で説明せよ。

 

 

 

 

 

 

《解答例》

経済学者の論理が追放した「倫理」を環境問題の解決に必要であるとした点では「悪魔」一員として失格だが、同時にその「倫理」が地球上で枯渇しており、環境問題の解決が、結局は「倫理」によっては不可能であることを暗示した点で「悪魔」的であるということ。

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のハイレベル現代文』第3講川勝平太『「美の文明」をつくる』復習教材&補足解説

問題1次の文章=要約の空欄に当てはまる表現をテキスト本文中から抜き出して書け。

文化と経済とは対立的に考えられがちだが、経済が生産と消費、供給と需要、販売と購入とからなり、生産・供給・販売は、文化としての( 1 )である消費・需要・購入に従属すると言える点で、経済は文化に従属する。その文化は遍在し、それが他地域から憧れられて、取り入れられ普及すると、その地域の文化は文明になる。そうした文明は、文化と異なり偏在し、興亡し、また移動する。文化が中心性と普遍性を備えると、文明になる点で文明の基礎には文化があると言える。近代文明は資本主義として勃興したが、その出生には、( 2 )に見られる禁欲や、世俗的贅沢、あるいはアジア地域の文化への憧れといった、( 3 )要因があった。特に大航海時代前後においては、黒死病に生命の危機を募らせたヨーロッパは、アジアに胡椒・香辛料を求め、また東南アジアは多文化交流の坩堝であり、ヨーロッパ諸国は東方の物産、特に木綿に魅惑され、やがてそれが経済的理由から買えなくなると、自分達で作りだした。後に産業革命の主軸になるのが木綿産業であるが、その点でまさに文化革命が主導して産業革命が後を追いかけたと言える。こうしてヨーロッパ人の生活危機、宗教意識、またアジアの文明への憧れが、ヨーロッパに人類最初の経済文明をもたらしたのである。

問題2 76行目~77行目「西洋資本主義~説明しておこう」とあるが、これを説明することで、筆者は最終的に何を強調したかったのか。次の空欄に当てはまる形で11字以内の表現を本文から抜き出せ。

(        )ことを強調したいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

問題1

1.生活様式

2.プロテスタンティズム

3.非経済的・文化的

問題2

文化が文明の基礎である

 

【補足解説-問4】

4番の選択肢がなぜだめなのかという質問をもらった。まず対比の法則で「本文にない対比が選択肢に作られている場合はペケの法則」を思い出して欲しい。

本文における文化と文明の対比は-

文化ー遍在・永続 VS 文明-偏在・興亡(長続きはするが、移動)

である。しかし4の選択肢は-

文化は「どこにでも」「常に」存在 VS 文明は「一部の地域」に「長期」にわたって存在

となっており、本文にはない「常に」VS「長期」という対比を持つ。ここは少なくとも「永続」VS「興亡」(「長期」)でないといけない。したがって4は不正解。また講義でも言ったが、「他地域に影響を及ぼす」のではなく「(ある文化が)普及」すると「文明」になる。

2013冬期Ⅰ期『青木邦容のハイレベル現代文』第2講小浜逸郎『人はなぜ働かなくてはならないのか』復習教材

問題 94行目~96行目「労働は人間精神の~潜ませている」とあるが、「それははじめから関係的な行為である」とはどういうことかを具体的に説明した箇所を二箇所指摘し、それぞれ最初と最後のの5字を抜き出せ。

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

◯人はそれぞ~ている」。

◯できあがっ~ている」。

47 / 52 page« 先頭...102030...4546474849...最後 »