【注意】パスワードについて【注意】

2015年年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

2016年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

及び

2017年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

それぞれの講義についての情報を閲覧するためのパスワードは異なります

各講義第1講目(あるいは第2講目)で「パスワードについて」の説明をしているので、受講している講座(の年度及び期間)に合致したパスワードを入力して下さい。

この規定は当HPのTOPPAGEにある【ダウンロードコーナー】にも適用されています。

㊟もし、何か不明な点があれば代々木ゼミナール各校舎へ直接問い合わせていただくか、本HPの「お問い合わせ」から御連絡下さい。ただし「お問い合わせ」の場合は①どこで講義を受けているか②受講番号あるいは学生番号ーを必ず明記して下さい。上記2項目が明記されていない場合、セキュリティの関係でパスワードをお教えすることができません。予め御了承下さい。

2015第2学期『現代文基本マスター』第9~12〈評論〉 長谷川堯『吊り下げる家』要約&記述解答例&復習問題

【要約】

この地球上に実現されるあらゆる生物の巣は、人間の建築も含めて、全て何かの形で重力の支配に逆らう、あるいはその支配を何らかの形で体現するかのように作られている。ところが、私たちはこの基本的事実を忘れて生きている。それは人間の建築史上、新しい構造が開発されたことで建物を大地の上に実現する緊張感や恐怖心が薄らぎ、建築が機械的な作業になったことにも見られる。それは家を高く広く大地の上に築き上げる企ての中にあった、ある種の“祈り”に似た敬虔な気持ちが希薄化したことでもある。それに対して他の生物の営巣は、引力に対して真剣に、飾り気なく、直接的に対処している。それにつけて、現代の建築はもっと素直に重力の法則に従いながら、必要な空間を確保しても良いのではないかと思わざるを得ない。クモの網糸や懸垂営巣をする小鳥たちは、重力圏における特殊な空間領域を構築しているが、自然風景のなかでいかにもさりげなく同化している。

 

【問5】(解答例)

機械的に作る近代建築とは異なり、重力の法則に従いながら真剣にそれに対処する建築。(40字)

 

《復習問題》

テキスト本文60行目「散文的な状態」とはどのような状態を言うのか。次の①~⑤の中から適切なものを一つ選べ(解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

①建て前の儀式が簡素化、省略された状態。

②建築を作ることが簡単になった状態。

③大地との葛藤のドラマを喪失した状態。

④建築することに意義を見いだせない状態。

⑤人間の建築が他の生物の営巣に劣っている状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

③(ちなみに「散文的」という言葉は「詩情(詩の趣を感じる、詩の面白さを感じる)に乏しい」という意味の他に、「味気ない」「面白みがない」「風流を感じない」という意味も持つ。)

2015第2学期『現代文読解』第10講上田三四二「子規の尖端」要約&漢字解答&記述解答例&復習問題

【要約】

子規の言葉のなかで私のもっとも好きなものは「病牀六尺」に収められているが、この時の子規は余命、あと1ヶ月と少しだった。ここには「造化の秘密」を窮める予感を持ち始めた子規がいるが、その1年と3ヶ月前に作られた「おぼつかなくも筆を取りて」では、彼は写生の実践の最上の達成、つまり写生でありながら自らの感興を出すことに成功しているが、「造化の秘密」をうかがうまでには至っていない。またその6日後の「しひて筆を取りて」十首では、彼は自らの理論である写生から自由になったかのように、ひたすら先途無きおのが身ひとつを嘆くように、自らの切実な思いを歌っているが、やはり「造化の秘密」には至っていない。しかし「しひて筆を取りて」では、写生理論から跳躍し、自らの心そのものを歌うことに成功している。

 

【問1】

ア蛇足 イ自縛 ウ混入 エ深刻 オ忘却

 

【問8】(2)写生を超え、自らの心そのものを歌うことに成功しているから。(29字)

      写生のを超え、自らの深刻で切実な気持ちを歌っているから。(28字)

      写生を超え、対象に融けこむことで、自らの心を歌っているから。(30字)

 

《復習問題》

テキスト本文49~50行目「対象に融けこむことによって柔らかい彼の心そのものを歌うことに成功しているのである」とあるが、「柔らかい彼の心」とはどのようなものを指すか。次の①~⑤の中から最も適当なものを選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

①自然の実相を発見し得る、柔軟な心

②主観を排除して、どこまでも客観を貫く心

③自らの余命が少ないことを包み隠さず嘆く心

④写生を主張しながら、時にはそれを忘却する心

⑤わが身に先途がないことを忘却する楽天的な心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

2015第2学期『青木邦容の基礎→標準現代文』第10講鈴木博之「象徴と自然 庭園の近代」要約&復習問題

【要約】

わが国の庭園は、近代以前は石を立てることによって象徴性を獲得するような「象徴主義庭園」だったが、近代の和風庭園はそのような伝統的な文化を捨て去って行く。その結果、素直な広闊な庭園、のびやかな自然をすべて見たままに解釈すれば良い、「自然主義的庭園」が生み出されていくことになった。近代以前の「象徴主義的庭園」は、それを解釈するための世界的前提を必要としたが、自らの感性に合わせて作られた「自然主義的庭園」は、そうした前提を持たないという意味で、近代の精神的基盤の上に成立していたと言える。最近、奈良の依水園という庭園を訪れたが、これも日常的感覚の延長に組み立てられる驚きを基礎としている、つまり形而上学的な世界的前提をその鑑賞に必要としないという意味で広義の「自然主義的庭園」といってよい。

 

【問1】

①手法 ②境地 ③意図

 

《復習問題》

テキスト本文81~82行目に『「あれは何だ」と叫ぶのが、ここでの正しい庭園鑑賞法だったのだと、改めて理解するのである』とあるが、なぜ筆者はそのように思ったのか。その理由を説明した次の文に当てはまる表現を本文から50字以内で抜き出せ。

 

◯[    50字以内の表現    ]が用いられているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

日常的感覚の延長に組み立てられる驚きを基礎とした、広義には「自然主義的庭園」といってよい作庭法

2015第2学期『現代文基本マスター』〈本題〉7 中村雄二郎『正念場ー不易と流行のあいだで』要約&復習問題

【要約】

私の痛みに対する関心は、十年あまり前に家内が乳ガンで手術をした折りに麻酔への過信が時には深刻な後遺症をもたらしていることを知ったことがその契機だが、それにつけて現代社会では〈痛み〉の人間的な意味があまりにも等閑にされているのではないかとも思う。痛みや怪我を単に感覚的な苦としてなんでもかでも取り除こうとすれば、痛みや苦による快の増幅や人間的な訓練の機会を失わせるだけでなく、痛みの感覚と表裏一体で成立している人間の〈開かれた感受性〉を圧し潰すことになる。他人の痛みへの思いやりの基となるこうした感受性の喪失は、対人関係・人間関係の感覚の鈍化だけでなく、自然や生命に対する感覚の鈍化をも招く。その点で以前から、麻酔学が科学として素晴らしいものの、感情といってもいい全体的な痛みを〈感覚〉として局所化・部分化した上で脱感覚して大きな成果を挙げている点が以前から気になっていた。そこで九州麻酔専門医会のセミナーで麻酔医の人たちと意見交換する機会を得た際に私見を述べたが、私の主張する痛みの持つ意味の根源性と拡がりについて私が出した提言に、〈科学的医学〉の中で現代の麻酔医療を中心に推し進めてきた世代の医師からは反発はあったものの、〈開かれた感受性〉については、若い層の人々を中心に強い関心と共感を示してくれた医師たちが多くいたので心強く思った。

 

【問7】

現代の医学は痛みの持つ意味を等閑に付し、〈感覚〉として局所化・部分化して技術的に取り除くだけだから。(50字)

 

《復習問題》

テキスト本文69~70行目「このような~応急的、近視眼的でしかない」とあるが、このような態度を端的に述べた箇所を含む一文を指摘し、その最初の5文字を抜き出せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

そしておそ(55行目)

 

2015第2学期『センター現代文』第8講高橋巌「ヨーロッパの闇と光」要約&漢字解答&復習問題

【要約】

今日のわれわれの社会は、一般的にいって、思考型の人間を作ろうとしている傾向が見られる。したがってこのような現代の思考肥満症的徴候をもつ社会において、純粋な感覚の質的体験が無視されていくのは当然と言える。デカルトは思考を自我の土台としたが、シュタインは感覚の質的体験の回復を通してこれを批判した。デカルト的意味における思考は、純粋思惟にやや似た状態を現出させるが、このような状態は我々を睡眠に誘いやすく、かえって自我意識は弱められてしまう。したがって思惟や表象を通して自我に近づこうとするデカルト的なアプローチは、毎夜睡眠によってその存在を否定されてしまうという事実からも、かえって自己同一性を否定することになる。それに対し、感覚体験における自我は、視覚や聴覚のような外部感覚と、均衡感覚や運動感覚のような内部感覚から立ち現れる。その点で感覚体験は概念的思惟よりも自我の体験という点では優位にあると言える。また、悟性の作り出す思考内容は伝達しやすく、したがってわれわれは思考存在になればなるほど、普遍的存在になってくるが、感覚体験はその伝達しにくさから、純粋な感覚存在に近づけば近づくほど、われわれは個体内存在としての自我を体験するとも言える。このような純粋感覚体験は人間特有のものであり、動物の本能的な感覚とは一線を引く。一方で動物は、人間の持つ概念的内容を先取している部分があり、その点で人間が感覚を退化させて本能的なものに近づけ、知性のみを発達させるならば、人間存在は動物に接近することになる。われわれの高次の感覚は、動物の本能的反応にとらわれたそれとは異なり、自然科学が見過ごしてきたひとつの客観的認識能力が備わっているのではないか、というゲーテ的感覚論をシュタインは著書の中で暗示しただけで、この世を去ってしまった。

 

【問1】

(ア)針葉樹 ①申請書 ②針小棒大 ③辛酸 ④深海魚 ⑤森羅万象

(イ)肥満  ①費用  ②肥料   ③避難 ④披露  ⑤卑下

(ウ)思潮  ①登頂  ②珍重   ③拡張 ④風潮  ⑤傍聴

(エ)根拠  ①拠点  ②許諾   ③去就 ④挙手  ⑤虚勢

(オ)体系  ①中継  ②一計   ③刑罰 ④系図  ⑤絶景

 

 

《復習問題》

テキスト本文23~24行目にある『「悟性の力を行使する勇気をもつこと」は啓蒙思潮の時代以来人生の基本的態度になってきている』について、どうして「悟性の力を行使する」ことが「啓蒙思潮の時代以来」、「勇気をもつこと」になるのか?その理由としてもっちも適当なものを次の①~⑤の中から選べ。

 

①悟性によって世界を把握しようとする態度は、従来の聖書や神学という当時の権威的な思想に反することだったから。

②理性による思考の普遍性と不変性を主張する啓蒙思潮は、当時の社会ではその内容が理解されないことだったから。

③デカルトの「われ思考す、故にわれ存在する」というデカルトの考え方が、あまりにも斬新すぎて当時の人に理解されなかったから。

④悟性が概念を用いて、混沌とした感覚対象を関連づけ、秩序づけるその簡便さが当時の人にとっては魅力的だったから。

⑤純粋な質的体験が、精神的なものでありかつ自我の存在を強めるものとして、当時の人々には認識されていたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

 

2015第2学期『現代文読解』第9講日野啓三「東京の謎 眼に見えぬ濃密な感触」要約&漢字解答&記述解答例&復習問題

【要約】

東京の東京性は、その都市の情報の密度とそれがもたらす緊張度にある。その感触こそが現代であり、その凝集点が本当の現代都市である。そこでは情報が我々の感覚と意識下を刻々に直撃し、密かに通じ合い、意識の微細化と拡大を通して、常識的理性を素通りし、我々の現実感の根本を変えつつもある。そしてそうした高度情報の集中点東京は、今、私の原始的なアニミズム心性を徐々に蘇らせはじめているように思えてならない。

 

【問1】

ア組成 イ過剰 ウ林立

 

【問4】(解答例)

東京は、地方都市とは異なり、情報が集まり、それが新たな形として放出されていくといった、その情報の密度が異なるということ。(60字)

 

《復習問題》

次の中から本文の趣旨に合わないものを一つ選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

イ 眼に見える部分で比較すれば、東京も地方都市もそう大差が無いが、東京は知らず知らずのうちに人々の意識を刺激して止まない独特の濃密感を生み出している。

ロ 正月とお盆の東京が印象的なのは、その時だけ夾雑物が取り除かれ、東京の持つ混沌とした世界がはっきりと目に見えるように単純化され、形として姿を現すからである。

ハ 東京はニューヨークやベルリンと同じように、おびただしい情報量が生理的な感触に通ずるような感覚を生み出し、人々の意識に直接働きかける力を内に潜めている都市である。

ニ 我々の意識がこれまでと違い、生きもののように外的世界を感じ取ろうとする現代において、東京は正に時代のあり方を象徴する都市となっていると言えよう。

ホ 東京という都市に潜む多様な情報に興味を向ければ向けるほど、われわれの感覚は病的と言える段階に達して、この複雑で矛盾に満ちた都市のあり方こそが真の現代都市の姿だというなげやりな想念に達する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

2015第2学期『青木邦容の基礎→標準現代文』第8講重田園江「ナウシカとニヒリズム」要約&復習問題

【要約】

ニヒリズムは一般的には、世界の悲惨さに直面するが故に生を浪費する厭世主義的態度や刹那主義的快楽主義的態度のことだと考えられている。しかし、本当はニヒリズムは、無を認めることで生の意味を否定する態度ではなく、むしろ無を認めることを避け、現実から目を逸らしたまま生の意味を肯定できる場に止まろうとする態度ではないか。そのことを気付かせてくれたのは「風の谷のナウシカ」である。物語の中でナウシカは何度も「虚無」と対決し、それに抗う。彼女は世界の悲惨さと直面する体験をしながら、世界の外側に苦しみの根拠を求め「意味」を捏造することや、現実を忘却する「楽園」に逃げ込む態度を拒絶する。こうした現実世界を見ないですます態度はニヒリズムの本質であると言えるが、これは私たちの日常に遍在し、私たちの心にするりと忍び込む危険性を併せ持つ。それを一九世紀末に訴えようとしたニーチェの良き理解者宮崎駿は、「風の谷のナウシカ」という戦いの寓話の中で、ニヒリズムに抗する物語を再び語ったのだ。

 

《復習問題》

テキスト本文79行目にある「人が宗教にすがり来世での救済を求める」とあるが、このような態度を本文の筆者の主張に即して説明した箇所を、次の文に当てはまる形で30字以内で抜き出せ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

◯[     30字以内     ]態度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

世界の外側に苦しみの根拠を求め「意味」をねつ造する

2015第2学期『現代文基本マスター』〈本題〉6 山竹伸二『「本当の自分」の現象学』要約&復習問題

【要約】

人間が自己価値を求める欲望を有し、複数の分裂した欲望を抱えた存在である以上、自己了解によってある欲望に気付かされ、それが「本当の自分」の欲望であるかのように見えても、それに反する欲望に気付かされた途端、どちらが「本当の自分」の欲望であるのか混乱してしまう。しかし、そもそも「本当の自分」とは、事後的に想定された自己像であり、客観的に存在することはない。したがってそれに執着することは、かえって自己了解によって得られるはずの、自らの意志で行為を選び取るという自由の意識を喪失することになる。ハイデガーは人間のあり方の本質契機として「情状性」「了解」「語り」という三つを取り出した。これは人間が気分を了解しつつ可能性をめがけるような存在であることを示しているが、まさに人間は、その都度の気分を了解することで、自分の欲望や不安に気付かされる存在なのである。そしてそれは、人間が単に自己を知ることが出来るというだけでなく、それによって自らの可能性が開示され、その可能性をめがけて生きる存在であるということも示している。

 

《復習問題》

テキスト本文64行目「人間は、その都度の気分を了解する」とあるが、筆者によれば、人間は「その都度の気分を了解する」ことで、どういうことを得るというのか。次の文の空欄に当てはまる表現を、四字以内で本文から抜き出せ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

◯自らの[   ]に気付かされ、行為を選び取ることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

可能性

2015第2学期『センター現代文』第7講小林秀雄「鐔」要約&漢字解答&復習問題

【要約】

応仁の乱を境にし、太刀が打刀、つまり凶器に変じると同時に、そしてその一部である鐔も変化した。その鐔は実用本位のものに変わりつつも、またそこに平常心や秩序、あるいは文化を捜さねばならぬ人心の動きが影響し、鐔は単なる凶器の一部分品ではなくなり、やがては名工と呼ばれる鐔工が、様々な模様を鐔に施していく。鐔好きの間では、そうした鐔は信家や金家と相場が決まっている。どうしてそれらは、それほど人を惹きつけるのか。それは観念ではなく、眺めていれば鍛えた人の顔も、使った人の顔も見えてくるような風にある。そうした鐔の模様には、されこうべの他に五輪塔やら経文やらが多く見られるが、これは仏教思想の影響によるものではない。戦国武士達の日常生活に糧を与えていた仏教を理解するには、彼らの感受性を捉えなければならないが、説教琵琶のような当時の生活を反映した文化に触れることで、それが解ってくるような気がする。鐔は、平和な時代が来ると金工家が腕を振るう場所になった。しかしそこには面白さはなく、実用と手を握っているごく僅かな期間の鐔こそが興味深い。戦が無くなり、地金の鍛えもどうでも良くなって来れば、鐔の装飾は空疎な自由に転落する。鉄の地金に、鑿で文様を抜いた鐔を透鐔と言うが、この鐔の最初の化粧は、鐔そのものの堅牢と軽快があっての美しさである。ところで、高遠城址の桜を見に出かけた際に、茅野から杖突峠を越えて行く道にある諏訪神社の上社で、白鷺と五位鷺を見たが、その姿に鶴丸透の発生に立ち会う想いがした。

 

【問1】

ア 同僚 ①官僚 ②治療 ③受領 ④丘陵 ⑤清涼

イ 空漠 ①束縛 ②爆笑 ③砂漠 ④幕府 ⑤麦芽糖

ウ 伴奏 ①同伴 ②繁華街 ③搬入 ④頒布 ⑤重版

エ 空疎 ①疎遠 ②租税 ③措置 ④阻止 ⑤塑像

オ 森(深)閑 ①喚問 ②緩和 ③勇敢 ④歓喜 ⑤閑散

 

《復習問題》

《復習問題》

テキスト本文42~43行目に「信家も、これほど~惹きつけるか」とあるが、筆者によればそれはどのような理由からだと考えられるか。最も適当なものを、次の①~⑤のうちから一つ選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

①武田信玄の鐔師であった信家は、信玄の一字である「信」という字を貰ったという伝説が語られるほどの鐔師であったから。

②信家の鐔は瓢箪であり、何か明るさを醸し出していると共に、鐔の表情から信家の作であるのがはっきり分かるものだったから。

③鐔の模様が観念を離れた形で、それを眺めているだけで鍛えた本人である信家や、使った人の顔が見えてくるようなものだったから。

④乱世において、人が平常心を保つために何か一種明るい感じを鐔に求めたのに対し、信家がそれに見事に応えているから。

⑤花は桜という平凡な文句に敵し難いのと同様に、鐔は信家であるという評価は容易に覆しがたいと人々に思わせるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

20 / 46 page« 先頭...10...1819202122...3040...最後 »