(システム不具合のため再投稿)2015第2学期『センター現代文』第1講佐々木敦「未知との遭遇」要約&漢字解答&復習問題

㊟一部のスマートフォン、PCで閲覧できないという原因不明な不具合が報告されましたので、再投稿します。

【要約】

人類がそれなりに長い歴史を持っているために、自分が考えたことを既に考えた誰かが必ずといっていいほど存在する。しかし我々は過去の全てを知っている訳ではないので、自分ではオリジナルだと思ってリヴァイバルしてしまうことがある。このような問題については、自力で考えてみることと、過去を参照することをワンセットでやることという方法で対処すれば良いが、意識せずして過去の何かに似てしまっても、その事実を認めることが必要である。しかしネット以後、そういう「歴史」を圧縮したり編集したりすることがやり易くなり、「歴史」全体を「塊」のように捉える考え方がメインになってきた。その弊害は「意図的なパクリ」として起こってきたが、受け取る側のリテラシーの低さゆえに、オリジナルとして流通してしまうこともあるために、啓蒙によるリテラシーの向上も必要かもしれない。しかし、ネット上では啓蒙のベクトルがどんどん落ちていく。したがって私はやはり、未知なるものへの好奇心/関心/興味を刺激する立場にいたいが、今ではそれも受け手のリテラシーを推し量る必要があるので困難である。

 

【問1】

(ア)垂れる ①心酔 ②睡魔 ③無粋 ④自炊 ⑤懸垂

(イ)大概  ①該博 ②弾劾 ③形骸 ④感慨 ⑤概要

(ウ)潤沢  ①循環 ②湿潤 ③殉教者④巡回 ⑤純度

(エ)端的  ①丹精 ②枯淡 ③大胆 ④発端 ⑤探求

(オ)奏でる ①捜査 ②双眼鏡③一掃 ④奏上 ⑤操業

 

《復習問題》

テキスト本文4行目「ネット上では、啓蒙のベクトルが、どんどん落ちていくこと」とあるが、どうしてこのようなことが起こるのか。その説明として最も適当なものを、次の①~⑤のうちから一つ選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

①人類は、長い歴史を持ち、その結果新しい発想や知見が生まれにくくなっているために、「教えてあげる君」は「教えて君」に使い古された情報しか与えられないから。

②「教えてあげる君」という、自分より知識や情報を持っていない方に向かう種類の人間と自力で考えない「教えて君」がネットの普及で出会う機会が増加したから。

③自分で調べればすぐにわかることを他人に質問する「教えて君」が、「教えてあげる君」に、ろくに過去の知識を使って考えることもせず簡単な質問ばかりするから。

④「教えて君」も「教えてあげる君」も、自分が知らないことを新たに知ることができる方向に向かうべきであるのに、あえてそうせずに互いに依存し合っているから。

⑤「教えてあげる君」は、自分で調べればすぐにわかることを敢えて聞く「教えて君」に対して啓蒙を試みるが、「教えて君」のリテラシーが低いために失敗してしまうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

2015第2学期『青木邦容の基礎→標準現代文』第7講熊田孝恒「マジックにだまされるのはなぜか」要約&文学史暗記法&復習問題

【要約】

マジックは、マジシャンと観客の間のコミュニケーションによって成立するが、そこにおける重要な人間の特性は、人間が他者の心を理解し予測することである。人間は成長するにしたがって、他者の感情や意図を理解する機能としての「心の理論」を身につけていく。この心の理論を駆使してマジシャンは観客の心の状態を想像し誘導しようとするが、観客も同じくそれに引っ掛からないようにする、という高度な駆け引きを必要とするエンターティンメントがマジックである。しかしながら観客は、そこで完璧にだまされることを楽しむというきわめて特殊な心理状態を経験する。観客がだまされることを楽しむ人間のメカニズムは分かっていないが、そのヒントは脳の活動にある。基本的にはマジックを見た時に起こる脳の活動は、動作が物理的な制約には反していないが、期待とは反した行動を見た時の脳の活動と類似している。これらの脳部位は、既存の知識から導かれる期待に反するようなことを経験した時に活動する。ここから脳は、生体にとって予想に反する出来事を、より的確に検知した方が生存に有利であるため、それを見つけることを楽しく感じるようにプログラムされている可能性があると考えられる。その点で、マジックを始めとするエンターティンメントの楽しみの根源が人間の生存にかかわるメカニズムに関連するかもしれないという仮説は、興味深い。

 

【問8 参考資料ー文学史暗記法】

芥川龍之介(前期作品)

◯(暗記法)

龍の 鼻 毛は ぶっとく チ ラ ホラ、 彼の いもうと ハンカチ トス 

①龍の 芥川龍之介 ②鼻 「鼻」 ③毛は 「戯作三昧(げさくざんまい)」 ④ぶっとく 「舞踏会」

⑤チ 「地獄変」 ⑥ラ 「羅生門」 ⑦ホラ 「奉教人の死(ほうきょうにんのし)」 ⑧彼の 「枯野抄(かれのしょう)」 ⑨いもうと 「芋粥(いもがゆ)」 ⑩ハンカチ 「手巾」 ⑪トス 「杜子春(とししゅん)」

芥川龍之介(後期作品)

◯(暗記法)

龍は 藪 玄さん 信 州 カッパは アロハ

①龍は 芥川龍之介 ②藪 「藪の中」 ③玄さん 「玄鶴山房(げんかくさんぼう)」 ④信 「蜃気楼(しんきろう)」⑤州 「侏儒の言葉(しゅじゅのことば)」 ⑥カッパ 「河童」 ⑦アロ 「或る阿呆の一生」 ⑧ハ 「歯車」

 

《復習問題》

テキスト本文19行目「行動から意図を正確に推定すること」とあるが、そうするためには具体的にどのような能力が必要か。本文から25字以内で抜き出せ(句読点含む)。(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

相手の心で起きることを、自分のなかで模擬する能力(24字) (24~25行目)

 

 

 

 

 

 

 

 

    

2015第2学期『現代文基本マスター』〈本題〉5鷲田清一「じぶんの内とじぶんの外」要約&復習問題

【要約】

私たちは物事の認識に関わる区分けの仕方を他のひとたちと共有している場合に、自分を「ふつう」と感じる。その共有している意味の分割線にわたしたちは固執するが、それはそうした分割線に自分を挿入することでしか、自分自身を感じ理解することができないからだ。わたしはだれであるかということは、わたしはだれでないかということと表裏一体になっている。したがってその差異の軸線が共有されていないものは、わたしたちではないもの=「ふつう」でないものとして否認される。この点で、わたしたちが自分の存在にかたちを与えているプロセスは政治的なものだとも言える。そして〈わたし〉を形作っているそのような差異の軸線を「自然」的なものとせずに、その都度具体的なコンテクストに即して検証していくことでしか、「わたしはだれ?」という問いには答えることができない。

 

《復習問題》

テキスト本文5行目「意味の分割線」を、「わたし」を理解するためのものとして具体的に説明している箇所を30字以内で抜き出し、その最初と最後の3文字(句読点含む)を答えよ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

わたし~の軸線(33~34行目)

2015第2学期『現代文読解』第7講佐々木毅「学ぶとはどういうことか」要約&漢字解答&記述解答例&復習問題

【要約】

人間社会に巣食う不正や暴力、欲望の暴走、予測不可能な「不安定性」といったものに対する嘆きや悲しみ、やり切れなさが大思想のエネルギー源になった。同時にそうした空しさややり切れなさを生み出す人間的現実を作り出しているのも他ならぬ人間であり、人間はそうした現実に疑いを差し挟み、新しいことを試み、それを通して人間世界を「不安定」にし、それを作りかえることで文明を作り上げてきた。その文明では日々さまざまな問題が生じるが、そうした「不安定性」を安定させるために「学ぶ」ということが継続的になされなければならない。なぜなら、そうした問題に対する対処や解決は、常に具体的であると共に、暫定的だからだ。こうした「学ぶ」行為は、究極性も絶対性もなく、あるのは生命の働きに依拠した継続性である。それはつまり人間が、新たな可能性を切り拓いていく「中間的」存在、「より適切なもの」を「選択し続ける動物」であることを意味する。したがって絶対的・究極的境地には到達しえないが、少なくとも自由を有する存在として、「人間らしい」「人間的」という大切な様相がそこに見られる。

 

【問1】

ア自明 イ統御 ウ膨大(厖大) エかいり オごびゅう

 

【問5】

人間は新しい企てを始める能力を持つため、現実の様々な問題に対し、新しい工夫を試みて人間世界を作りかえていくことができる。(60字)

(別解)様々な問題に対して、人間は新しいことを選択し、企て、それらに具体的に対処することで、人間世界を作りかえていけると考える。(60字)

 

《復習問題》

テキスト本文1行目に「人間社会に巣食う不正や暴力、欲望の暴走、予測不可能な『不安定性』といったもの」という表現があるが、これを文中に登場するプラトンは、具体的にどのように説明しているか。その説明を含む一文を抜き出し、その最初と最後の5文字(句読点含む)を記せ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

プラトンは~場をとる。(24~28行目)

2015第2学期『青木邦容の基礎→標準現代文』第6講麻生 武「身ぶりからことばへ 赤ちゃんにみる私たちの起源」要約&復習問題

【要約】

トンボやカブト虫や金魚や鳩や鼠と異なり、私たち人間は、自己と他者とを基本的に同型的な存在であり、自己と他者とは共通世界をもっており、自己の世界に対する関係と他者の世界に対する関係とは基本的に同じであると考えることができるゆえに“共同化された知覚世界“を持っている。つまり“共同化された知覚世界”を持つには、知覚を共有し合い体験を分かち合うような“自己”と“他者”が必要である。こうした“共同化された知覚世界”を持つ能力ゆえに人間は孤独に陥る。たとえ仲間と生活し交流し合っていても、自らを唯一無二の存在として他者と自己は本質的に異なっているという意識を持つ“私”は、“私的な”世界を持ちうるという点で孤独である。こう言うと、一見“私的な”世界を持ちうることと“共同化された知覚世界”を持つことは矛盾するように感じるがそうではない。なぜなら、“私的な”世界を持ちうるということは、“他者”と“共同化された知覚世界”を持つことのできた“自己”が、そこから疎外されたという意識を持つことではじめて可能であるという点で、後者が前者の前提になっているからである。

 

《復習問題》

再度文章を『読みながら』、次の選択肢の正誤について判断せよ(◯か×を付けよ)(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

①第1段落で筆者は、トンボやカブト虫や金魚や鳩や鼠の住む世界と「私たち」人間の住む世界には、絶対的な隔たりがあることを主張している。

②第2段落と第4段落で筆者が述べようとしたことは、“共同化された知覚世界”を持つには、その世界を共有し合うような“自己”と“他者”を組織化していることが必要だという点で同じである。

③第5段落におけるロビンソン・クルーソーの具体例では、ロビンソン・クルーソーを“自己”、犬を“他者”として、ロビンソンがいかにして“共同化された知覚世界”を構築したか、その過程が説明されている。

④第7段落では、筆者がこれまで述べてきたことを踏まえて、“私的な”世界を持ちうることと“共同化された知覚世界”を持つことは矛盾すると述べ、次段落でその克服法を説明するために問題提起を行っている。

⑤第8段落では、どうして“私的な”世界を持ちうることと“共同化された知覚世界”を持つことは矛盾しないかという観点から、後者があってはじめて、そこから疎外された時に前者を意識できると説明している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

①×

②◯

③×

④×

⑤◯

2016第2学期『現代文読解』第5講饗庭孝男「中世を歩く」要約&漢字解答&記述解答&補足解説&復習問題

【要約】

寺へ参る、その時間的距離は「私」にとっては〈聖なるもの〉に近づいてゆく心の深まりの距離であり、求心状態が作られる過程として大切なものである。またその過程は「私」のとって自己を低める行為のことでもあり、寺に参る際には「私」は自分の心の不完全さや愚かしさを絶えず身に染みて感ずる時に、どれだけ自分を低めることが出来るだろうかと考える。自己を低めることで見えてくるものは、自己と絶対者との関係、あるいは自己と世界との関係であろう。ルネサンス以降は自己を高めようとした時代だったが、中世は自己を低めるということが芸術作品にも及んでいた時代であり、自己を低めることによる敬虔と畏れの心が、逆に美しい物を作った時代であった。

 

【問1】ア ひな イ せんえつ ウ けいけん キ がらん

【問2】エ懐疑 オ錬磨 カ過度 ク端的 ケ承認

【問4】

寺に向かって歩む際に、自らの心の不完全さ愚かしさを感じ、自己がいかに低い小さい存在であるかを知る。

 

【解説補足】

【問3】

A

❶㉗で一文にした後、「このようなこと」=不足情報を明らかにする。

❷「このようなこと」=「戦前の~合わない」を指しているのだが、この中に空欄Bが含まれてヒントになりにくい。

❸そこで、空欄を含む一文と対応する箇所を探すと、「いまだ[ A ]をもたない私」≑28行目「私は敬虔な信者のように心むなしく神仏にぬかづくわけではない」という対応箇所が見つかる。

❹ここからAには「信仰」が入る。

B

❶空欄Aの時と同様に考えると、「私」は「[ B ]的で教養主義的な古寺巡礼」が「合わない」という意味を、この箇所が作っていることが分かるが、私の「古寺巡礼」は、25~26行目に説明がある。

❷そこには「美意識の問題ではない」とある。ということは、「私」が古寺を巡るのはそれらが「美しい」からではないということになる。

❸そこから「審美」が選べる。

 

【問5】

❶35~36行目を㉗で一文にして考え、対応箇所(神経衰弱式(笑))を探す-近くにないので㉒扱いで、一端保留にし、9段落以降を探してみる。

❷すると45行目に「『個性』や『自我』の解放に生きた無邪気な近代への強い反省」という表現が見つかる。

❸元の35~36行目との対応をチェックすると、「明治以降」≑「近代」、「あまりにも~求めすぎたり~願いすぎた」≑「反省」、「『自我』の確立」「『個性』の伸長」≑「『個性』や『自我』の解放」となってマッチしているのがわかる。

❹そしてそこから設問にある筆者の「揶揄」≑「からかい」と思われる言葉を探すと「無邪気」という言葉が見つかる。

❺つまり、近代以降人間は38行目「(神などに)生かされている」ということを、つまり「中世の心」(64行目)を忘れていることを、あまりにも(54~55行目)「自己と絶対者との関係、あるいは自己と世界との関係」を忘れてしまって、「自己(近代的自我)」を賛美しすぎている点を「わかってねえ~な~」という意味で「無邪気」だと表現したのである。

【問6】

❶《問5》と強い関連を持つ設問である。53行目を㉗で一文にして考えると-

中世という時代-自己を低めようとした時代

         VS

ルネサンス以後(近代)-自己を高めようとした時代

という関係が表わされていることがわかる。

❷ということは傍線部は近代以後のことを説明した35~36行目と重なる(対応)。

❸制限字数が10字程度なので、35~36行目は多すぎる。したがってさらに対応箇所を探すと、問5で見たように、これらは45行目に説明がある。

❹そこに「『個性』や『自我』の解放」という表現があり、これは12字であるので「10字程度」に当たる。

 

【問7】㊟「合致しないもの」を選ぶ。

イ 筆者は6段落で「敬虔な信者」ではないと言いつつ、自らは「自分を低め」るという「中世の心」と同様の感じ方をしている。〇

ロ宗教的創造物、つまり古寺とかを美的鑑賞するのに敬虔な心は必要ない。6段落で筆者は古寺を巡る理由を「美意識の問題ではない」と言っている。×

ハ「地上の距離と歴史を超えて」というのは、つまり「時空を超えて」(自己を低める心が存在する≑普遍的)ということである。筆者が本文で「自己を低める」経験を外国でも経験したり、あるいはポール・クローデル(17行目・33~34行目)の言うことが、道元の述べたこと(32~33行目)と「つながっている」ということからも判断できる。〇

ニ 5段落に書かれている。〇

ホ自己を低めることは、「自己を真空状態にするにしたがって神がそこに入ってくる」とも表現されており、また63行目に「自己を低めることは敬虔であり畏れである」ともある。〇

ヘそもそも筆者が古寺を訪れて感じるのは29~31行目にあるように「自分の心の不完全さや愚かしさ」であり、それを「たえず身にしみて」感じる以上「自己陶酔」はあり得ない。×

 

【解答】

問3 A ロ B ロ

問5 無邪気(な)

問6「個性」や「自我」の解放

問7 ロ ヘ

 

《復習問題》

テキスト本文61行目に「まるで自然の『物』のように」とあるが、これはどういうことか。次の中から最も適当なものをひとつ選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

①自己を低めつつ孤高をたのんで

②自ら充足しつつ調和を保って

③輪郭の確かさを誇示しつつ

④制約を退けつつ自由に

⑤個を滅却しつつ超然として

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

⑤(自我、個性、それを作った人は「忘れ去られて」、まるで絶対者(57~59行目)のあわれみによって作ることが可能になったように、という意味)

2015第2学期『現代文基本マスター』〈本題〉4梶井厚志「戦略的思考の技術 ゲーム理論を実践する」要約&漢字解答例&復習問題

【要約】

閉店間際のデパートの地下食料売り場は、まさに戦略的環境と呼べる。値下げされてから買おうという常連客と定価で買う気がある人がいるうちは値下げをしたくない店、そして値引きを知らない、あるいは値引きを気にしないで商品を買い上げてしまうサラリーマンとの間で、それらの行動と思惑がお互いの利害を決めているからだ。またこのような環境のもとに生活していることを認識して合理的に意思決定することを戦略的思考法と呼ぶ。我々の身のまわりで観察されるどのような事柄も、戦略的環境において意思決定が行われた結果であると言えるがゆえに、相手の利害を詠み込んで賢明な行動を選択することが人々に求められるが、人々が、自ら置かれた戦略的環境を意識しているわけではなく、たとえ戦略的な思考の結果とられている行動をしても、その意義に気付いていないことも多い。

 

【問7】

1 購買 イ考証 ロ公害 ハ購読 ニ貢献

2 顧客 イ雇用 ロ愛顧 ハ誇張 ニ在庫

 

《復習問題》

テキスト本文43行目「賢明な行動を選択できる」とあるが、そのために筆者は何が必要と述べているか。それを端的に表した表現を、本文から14字で抜き出せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

戦略的思考にもとづく意思決定(14字)

2015第2学期『センター現代文』第4講熊野純彦「差異と隔たり」要約&漢字解答&復習問題

【要約】

ことばの誕生を準備するものは、ことばに先立つ交流のかたち、生理的欲求とは隔てられたやり取りの形式にある。やがて子どもは「交話的機能」を最初の言語機能として身につけるが、それは話し手と聞き手の接触に関わり、会話の開始、持続、終始や、経路の確認などを可能にする。実はここに見られるような形式を、非言語的次元において、子どもは乳児の間に成人との社会的ゲームによって先取りし習得している。交話的機能がそのようなものであるゆえに、その原型は、触覚的次元に求められるとも言える。そして言語の発生の元は、言語それ自体に先行しながら、言語そのものと何らか地続きなものであるが、それはことばの韻律的なあらわれかたに見てとれる。こうしたことばの韻律的なあらわれかたは普遍的なことがらであり、そこに自らの声が他者の声と交じり合うという経験の原型が形作られる。こうした非言語的な音声のやりとりは自己目的的なものであるが、ことばが単なる手段、道具ではないことを考えれば、ことばによるやり取りにはこうした、目的-手段という枠組みでは捉えがたい面があり、その点でことばは交流のかたちそのものと言える。ことばが生まれ出ようとする場に身をおくことで、こうした既成の言語理解によって覆い尽くされていることばの側面に目を向けることが可能になる。

 

【問1】

(ア)  獲得 ①収穫 ②威嚇 ③改革 ④捕獲 ⑤企画

(イ)  提起 ①前提 ②丁寧 ③締結 ④訂正 ⑤堤防

(ウ)  喚起 ①緩慢 ②陥没 ③召喚 ④厳寒 ⑤勧誘

(エ)  胎児 ①胎動 ②安泰 ③賃貸 ④逮捕 ⑤隊列

(オ)  冗長 ①丈夫 ②冗談 ③過剰 ④譲歩 ⑤蒸留

 

《復習問題》

テキスト本文2行目で、筆者は「ことばが生まれ育まれていく条件をかんがえるためには、ことばにさきだつ交流のかたち」に注目する必要があると言っているが、その「交流のかたち」とはどのようなものか。次の①~⑤の中から最も適当なものを選べ。

 

①言語によるやりとりに先だち、お互いが交流の意志があるかどうかを確認することを目的としたもの。

②言語そのものと地つづきである次元で、皮膚を介した触覚的な経験によって交流をしようとするもの。

③ことばによるやりとり以前の、意味のやりとりとは異なる次元での、交流そのものを目的としたもの。

④必ずしも特定の相手に伝えたい情報があるのではなく、単にことばを不特定多数に発するようなもの。

⑤ことばを交わす行為それ自体によって、伝達内容を超越した内容を相手に伝えることを可能にするもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

2016第2学期『現代文読解』第4講井筒俊彦「意味の構造」要約&漢字解答&記述解答例&復習問題

【要約】

常識的には言葉と物の関係は、先ず物が有り、それらに別々の名前がレッテルとして付けられているというように直接的なものであるとされているが、実はそこには無限に複雑な自然物を見、それらを秩序づけ、様々な目的に従ってそれらを評価する、人間精神の独特の視点によって、現実の世界が主体的に再構成されるというプロセスが介在している。その意味で語は現実の世界の言語的類別化であり、「概念」と呼ばれるものはその主体的視点が明確な形をとったものである。意味論は、このような視点が語というはっきりとした形をとったものを分析的に研究する。

 

【問1】

ア 素朴 イ 詳細 ウ はんちゅう エ しい オ 固有

 

【問5】

tableもロゴスも、抽象度の違いはあっても、その言葉を持つ社会に固有な独特の現実世界の言語的類別化である点では同じだから。(58字)

 

《別解1》

物と言葉の間には直接的な結びつきはなく、全ての概念はその社会に固有な独特の精神態度の具体的な現れである点で同じだから。(59字)

 《別解2》

tableもロゴスも、抽象度の違いはあるが、その言葉を持つ社会に固有な独特の精神態度の具体的なあらわれである点では同じだから。(60字)

 

《復習問題1》

テキスト本文55~56行目「ごく普通の語でさえ、それに全くぴったりした語または句で訳すことは非常に難しい」とあるが、その理由を、本文中の語句を使って20字以上30字以内で説明せよ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

《復習問題2》

テキスト本文68行目「客観的世界の単なる写し」とあるが、これを筆者は何に「たとえている」か。文中から「一語」で抜き出(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答1》

言語はそれぞれの社会に固有な独特の精神態度の表れであるから。(30字)

 

《解答2》

レッテル (9行目)