2013夏期講習会『センター現代文』第5講大岡信『抽象絵画への招待』漢字解答とイメージチャート

【イメージチャート】

絵の値段が「号いくら」という数値によって決められる習慣

⇒絵画を動かす大きな背後の力が、近代の新興ブルジョアジーの手に移って後のこと=虚飾屋で、鑑識眼においても自信を持たない新興ブルジョアジーが、お大名を歴史の背景に追いやり、台頭してきた後のこと⇒絵画を「号いくら」というように金銭的数量に還元するのは、合理的な方法であった⇒新興ブルジョアジーは活動家であり、移動し移転することを厭わない存在

⇒絵は備え付けの調度品ではなく「商品」となった⇒普遍的/合理的に見える値段の付け方が重宝された=画家はパトロンを失い、相対的独立を果たす=アルチストいなった。

「号いくら」の習慣と同時発生=「純粋主義」の思想⇒絵画的要素以外の一切の排除=画家を「色彩それ自身」「形態それ自身」の価値の探求へと向かわせる=19世紀末期激発

⇒ルネッサンス期には決して認められない画家=パトロンが存在していた社会は、絵の形態や法則性のみ関心を寄せるような画家を決して許容しなかったであろう

⇒「純粋主義」の画家=「色彩それ自身」「形態それ自身」の価値の探求に力を注ぐ

⇒「純粋主義」=号いくらの合理主義に代表される一種の数量主義を生む原因の一つでもあった=純粋にキャンバスの上に実現された色彩と形態によるイメージの世界が絵画の価値を決定するという思想の一般化・普遍化=キャンバスの上に実現されたもの以外には何一つ考慮する必要がない=キャンバスの大きさで、合理的に、その絵を完成させる労働力を尊重し、絵の価値を決めるということ=金銭的合理主義の普及につながる=芸術をただ「芸術」として尊重することが、かえって芸術を金銭的合理主義へと導いたという「逆説」

⇒絵画を見せかけだけの「大きさ」でその価値を計ろうとする思想は、現代絵画を退廃させる一因である=通俗合理主義ー純粋主義=表裏一体=相補関係=画家の関心を、キャンバスという、枠に囲まれた平面に過ぎないものの上へと集中させるように見える=画家は新奇な意匠を追いかける=絵画における商業主義(の広がり)=画家の中には「止むに止まれる内的必然」、つまり自分が真に表現したいと思うモチーフがないにも関わらずただ絵を売るために創作するだけの存在になるということ。

問1

(ア)新興 ①恒例 ②功   ③構築 ④復興 ⑤厚遇

(イ)重宝 ①果報 ②国宝 ③奉仕 ④途方 ⑤来訪

(ウ)覆   ①中腹 ②伏線 ③復元 ④福祉 ⑤覆水

(エ)投   ①投合 ②絶倒 ③統一 ④点灯 ⑤舞踏

(オ)稼   ①転嫁 ②不可解③美化 ④稼働 ⑤寡黙

 

2013夏期講習会『センター現代文』第3講饗庭孝男『想像力の考古学』漢字解答

問1

(ア)移植 ①触発 ②装飾 ③着色 ④嘱託 ⑤植民地

(イ)微細 ①設備 ②機微 ③尾行 ④耳鼻 ⑤美観

(ウ)幾層 ①車窓 ②断層 ③浴槽 ④操作 ⑤騒音

(エ)輪郭 ①外郭 ②格調 ③計画 ④隔離 ⑤錯覚

(オ)匹敵 ①摘発 ②警笛 ③的中 ④敵意 ⑤点滴

2013夏期講習会『センター現代文』第1講吉田喜重『小津安二郎の反映画』漢字解答

問1

(ア)陶酔 ①搭乗 ②沸騰 ③答弁 ④哀悼 ⑤薫陶

(イ)暴虐 ①暴落 ②無謀 ③妨害 ④防戦 ⑤欠乏

(ウ)幻惑 ①減量 ②上弦 ③変幻 ④幽玄 ⑤厳正

(エ)欺く ①虚偽 ②擬態 ③疑心 ④詐欺 ⑤義憤

(オ)腐心 ①不穏 ②赴任 ③扶養 ④腐敗 ⑤給付

2013夏期講習会『上智大現代文』第3講中野好夫『悪人礼賛』要約

善意の善人は、聡明な悪人と比べて退屈でしかも始末に困る。善人は、その動機が純情や善意だというだけで、一切の責任が解除されると思っており、また悪人の場合とは異なりその無法さから何をしでかすか分からないせいで警戒もできない。悪人はその点で、彼らのルールを熟知し、警戒さえしていれば、むしろ付き合いやすい点で、始末が良い。また真の友情は、相互間の正しい軽蔑の上においてこそ、はじめて永続性を持つ。金はいらぬ、名誉はいらぬ、自分は無欲だという人間も何をしでかすか分からぬ点で、退屈で怖い。長年、自分は偽善者であろうと努力しつつも、純情や善意が顔を出して無様な気持ちにさせられたが、最近、偽善者として悪名が高くなり嬉しいかぎりだ。世の中に自分のような偽善者や悪人が増え、同時にそれらに欺かれる善人がいなくなることを願ってやまない。

2013夏期講習会『上智大現代文』第2講野矢茂樹『哲学・航海日誌Ⅱ』要約

大人は、子ども向けの常識的世界像を形成し、その中で子どもと対等なパートナーシップをつかむことで子どもに標準的な言語使用を教えようとする。それは同時に「子どもらしい子ども」になることであり、「凡人たれ」という人物教育でもある。この標準的言語使用を自覚的に逸脱することで子どもははじめて、比喩や皮肉や冗談を飛ばせるようになるのであり、そのためにも子どもの無自覚な標準的言語使用からの逸脱をうかつに讃えてはならない。伝統的神話が弱体化した現在、そこからはみ出した者は自分を「ふつう」の者として位置づける新たな神話を作ろうとするが、自ら選び取った神話は「自分らしさ」として偏愛され、そこから言語の創造性は生まれない。創造性を生む武器としての諧謔は、自らに押しつけられた伝統的な神話という常識のもとではじめて可能になる。

2013夏期講習会『医系小論文テストゼミ』補足『看護師志望・志望理由サンプル』

私が看護師として社会に奉仕しているであろう2017~18年頃は、65~74歳人口が「団塊の世代」が高齢期に入った後、ピークを迎えている時期である。いわゆる「団塊の世代」が65歳以上となる2015年以降は、例えば一人暮らしや夫婦のみで暮らす世帯も徐々に増えることが予想され、自立した生きがいのある生活を、医療の側からも支援する必要が現在にもまして増えてくるであろう。その中で私は、訪問看護ステーションや地域の高齢者医療あるいは福祉関連施設などで、看護師として、特に高齢者介護や老年科医療に携わり、高齢者のQOLの維持向上に力を注ぎたいと思っている。その中で私は、看護師が医師と患者の知識や情報の格差を埋め、立場的にどうしても生じる患者側の遠慮を減らすために、患者・院内アドボケイトとして医師や病院と患者側の調整役をしなければならないと考えている。医療の機械化、あるいはIT化等が進んでも、医療や介護は人の温かみがあって初めて成り立つ仕事であり、健康に常に不安を抱きながら生活せざるを得ない人が多い高齢者の患者に対して、私は看護師として、患者に最も「近い」医療スタッフとして、生活管理や患者の心のケアにも積極的に従事したいと思っている。

 

㊟患者アドボケイト・・・「患者を擁護する人」の意。具体的には、医師と患者の間に立ってコミュニケーションを促進し、患者が納得できる最適な治療や、満足できる医療を受けられるように尽力する役割を担う。病気になったことで患者が不利益を被らないように配慮する役割もある。アメリカではペイシェント・アドボケイト(Patient Advocates)として専任制が敷かれているが、日本では看護師がその任を担うことが多い。

2013夏期講習会『医系小論文テストゼミ』第5講MEDICAL☆KING№5【EXERCISE】解答例

(名古屋校の皆さん、お待たせしてすみませんでした・・・(~_~;))

「本質的に医療行為は危険なものである」という「社会的コンセンサス」がないために、日本は、その「安全対策と責任追及」を医療関係者だけに押しつけてきた結果、医療従事者は医療現場から「サボタージュ」し始めた。これが「医療崩壊」の一因となっているのは間違いない。

㊟「~という語句を使って書け」という場合は、指定語句に「 」を付けるようにしよう。

㊟日本の勤務医は、医療訴訟などのハイリスクと現場における患者(あるいはその意識)との齟齬(食い違い・摩擦)が加わり、患者やその声を無闇に増幅したメディアからの理不尽とも言える攻撃を受け、人間としての誇りと士気を失い、楽で安全で収人の多い開業医へシフトし始めた。これを「立ち去り型サボタージュ」あるいは逃散という(「医療崩壊―『立ち去り型サボタージュ』とは何か」小松秀樹著 朝日新聞社刊)。

 

2013夏期講習会『青木邦容のハイレベル現代文』第3講西村清和『現代アートの哲学』要約

産業社会の確立にともなう大衆社会の成立以降、代用品、安価な粗悪品としてのキッチュは、普通の人間の日常生活を快適なものにし、センチメンタリティーと呼ばれる心地よい美的心情のありかたを人間にもたらした。しかし18世紀末以来、たんにそうした美的で主観的なセンチメンタリティーは、倫理的欠落として、断罪され、その美的心情をもたらすキッチュも、自制と自己表現の美学の欠落として非難されてきた。しかしキッチュとは「自存性の美学」に立つ芸術の代用品ではなく、「寄生の美学」に立つ、それ自体、独自の用途を持つ美的対象である点で、それを芸術を基準にして「えせ芸術」と非難するのは誤りである。また現実には、スヴニールや際物などの粗雑で単純なキッチュと「高級」な作品の間には、それほどはっきりした区切りもなく、その境界的な現象が認められる点でも、寄生の美学とそれがもたらすセンチメントは、それ自体、美的に非難されるものというよりは、われわれの人生にそなわったひとつの美的態度とするのが、公平な見方であろう。

 

2013夏期講習会『青木邦容のハイレベル現代文』第1講岩井克人『ヴェニスの商人の資本論』要約

消費者として実体としての商品そのものを比較できない資本主義社会では、広告を媒体として商品が比較されるが、そこに見られる客観的対応物を欠いた差異は、商品の価値に帰着しえない広告自身の価値を生み出す。この過剰なる差異性ゆえに企業は広告活動をするわけだが、その点で本来商品について語る媒介としての広告は、それ自体商品となっている。これは一般商品の価値の尺度である貨幣が、同時にそれらの商品同様に需要の対象となるという関係と同じであり、そこには形而上学的奇妙さが見られ、またそれへの驚きが、広告についての真の考察と差異性を持った言説を作り出す。

2013夏期講習会『青木邦容の現代文』第2講滝沢健児『すまいの明暗』要約

日本の建築空間の特徴は、厚い壁で空間を閉鎖的に区切り、その機能分担を明らかにした西洋のそれとは異なり、壁のない大きな屋根による開放された空間であり、その意図が自ずから不明確な点にある。その点で西洋の建築は、空間の用途が決まっているために、それに合わせて窓を作るなどの空間の意図的表現が可能となる能動的、かつ論理的な空間である。しかし、日本の建築は、その開放性から外の自然と変わりない空間であり、壁によって自然と対立しようとする西洋のそれとは異なり、自然と同化しようとする受け身の空間である。そこには空間の独立性はなく、またその内部に微妙な変化を見せる明暗を持つ。そのような空間は存在が不確かという点で、その理解の仕方も個人的なものとなる。

1 / 2 page12