loading
代々木ゼミナール現代文・小論文講師 青木邦容

SAPIX YOZEMI GROUP(学)代々木ゼミナールで現代文および小論文(医系小論文・推薦入試小論文)を担当する。その講義は、NTTの光ブロードバンド講義映像配信システム「ビデオ・オン・デマンド講義『フレックス・サテライン』VOD」を通じて、代々木ゼミナール各校舎、代々木ゼミナール提携予備校(代ゼミサテライン予備校など)・塾及び高等学校等に毎日配信されている。

講師歴は25年以上(大学時代、他予備校・塾で講師として活動した4年間を含む)。
大学卒業と同時に当時代ゼミ史上最年少で代々木ゼミナール講師採用試験に合格、即採用となる。社会人デビューと同時に「現代文が超面白いほどわかる本」(中経出版)、「青木の現代文読解革命」(旺文社)を立て続けに上梓し、これらの書籍は合わせて10万部以上の大ヒットとなる。

講師デビューの頃から、普段の講義の合間を縫い、TV番組やラジオ番組への出演、雑誌等メディアの取材対応や寄稿といった仕事をこなし、また全国の高等学校・塾・各種公的な教育機関などの要請を受け、各地で講演会の講師や教員向けの研修を担当したりするなどしていたが、近年もその活動範囲はさらに広がりを見せている。

主な著書に「青木の現代文『単語の王様』」(代々木ライブラリー)「医療看護系入試・現代文が面白いほどとける本」(中経出版)「基礎から学べる入試現代文」《共著》(代々木ライブラリー)などがある。

最近は、大学時代に講師をしていた名門塾「浜学園」(灘中合格率全国1位)での経験を活かして「日本一わかりやすい小学生の国語[ことば]」(中経出版)を上梓するなど、早期からの外国語教育を子どもに授ける前に、確固たる日本語教育が必要であることを強く訴えている。

自身の会社である株式会社TDD(Tutto Di Direzione s.P.a)では「イタリア料理教室」や「イタリア製品の販売」、イタリア料理店のコンサルタントなど、イタリア文化関連の仕事に携わっている関係もあり、日伊にまたがってイタリア料理のシェフやイタリアワイン、食材輸入に携わる関係者との交流も深い。

こうしたコンサルタント業の経験を活かし、若い社員やスタッフ、アルバイト等と人間関係やコミュニケーションに悩む経営者、管理職の方々の一助になればという思いから、2013年にビジネス書として「カリスマ予備校講師が教える いまどきの若い人との上手な話し方」(株式会社KADOKAWA)を上梓し、あわせて管理職向けの講演や社員、アルバイトスタッフ向けの講演も積極的にこなすようにしている。