【注意】パスワードについて【注意】

2015年年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

2016年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

及び

2017年度通年単科ゼミ/夏期講習会/冬期講習会

それぞれの講義についての情報を閲覧するためのパスワードは異なります

各講義第1講目(あるいは第2講目)で「パスワードについて」の説明をしているので、受講している講座(の年度及び期間)に合致したパスワードを入力して下さい。

この規定は当HPのTOPPAGEにある【ダウンロードコーナー】にも適用されています。

㊟もし、何か不明な点があれば代々木ゼミナール各校舎へ直接問い合わせていただくか、本HPの「お問い合わせ」から御連絡下さい。ただし「お問い合わせ」の場合は①どこで講義を受けているか②受講番号あるいは学生番号ーを必ず明記して下さい。上記2項目が明記されていない場合、セキュリティの関係でパスワードをお教えすることができません。予め御了承下さい。

2017第1学期『センター現代文』第1講河合隼雄「イメージの心理学」要約&漢字解答&復習問題

【要約】

自然科学の知は、人間と対象を切り離すことで得られた普遍的な知ではあるが、世界と自分との関わりをそれで説明することはできない。それは、科学の知が最初から主体を抜きにして得た客観的な知であるからである。それに対して神話の知は、人間に、それらの関わりに宇宙論的意味を見出させ、非合理ながら彼らの生活に気品をもたらすものである。現代人は、自らの貧しい生き方から脱却するためにも、自分にふさわしいコスモロジーを作り上げるべく各人が努力しなければならないが、そのためには自分の無意識の神話産生機能を働かせる一助として、古来からある神話や昔話を「非科学的」「非合理的」ということで簡単に排斥することなく、その価値を見直してみることが必要である。

 

【問1】

(ア)  普遍 ①符合 ②不朽 ③普及 ④負担 ⑤付随

(イ)  幼稚 ①知己 ②誘致 ③遅刻 ④稚魚 ⑤無恥

(ウ) 卑小 ①秘境 ②否認 ③非凡 ④卑近 ⑤避難

(エ) 指摘 ①好敵手 ②摘発 ③快適 ④端的 ⑤水滴

(オ) 排斥 ①敗退 ②廃絶 ③排気 ④背信 ⑤配慮

 

《復習問題》

問6 この文章の表現と構成・展開について、次の(ⅰ)・(ⅱ)の問いに答えよ。

(ⅰ)この文章の第1~4段落の表現に関する説明として適当でないものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

①第1段落の「人間は自分を対象から切り離して、客体を観察し」という表現の「対象」と「客体」はここでは同じものを意味し、その例として同段落で「太陽」が挙げられている。

②第2段落の「自然科学の知は『自分』を環境から切り離して得たものだから」という表現の、「自分」にかぎ括弧が付けられているが、これは他の箇所の「自分」と区別するためである。

③第3段落に引用されたユングの『自伝』の中にある「彼の生活が宇宙論的意味を帯びているのは」という表現は、インディアンの太陽とのかかわりに関する「確たる知」がその基盤にあることを示している。

④第4段落の「極めて貧困な精神」という表現は、第2段落の「自分は何のために~役に立たない」という表現と関係しており、前者の理由が後者にあることが示唆されている。

 

(ⅱ)この文章の構成・展開に関する説明として適当でないものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

①第1~2段落では、自然科学について述べ、第2段落後半で述べた自然科学の本質であり、かつ弱点と対立する内容を持つプエブロ・インディアンの宗教的信仰が、第3段落で説明されている。

②第3段落でユングの『ユング自伝Ⅱ』が引用されたのは、ユングがプエブロ・インディアンの生活に羨望を持っていたことを紹介することで、科学の知が近代人にもたらした誤りを第4段落以降で説明するためである。

③第5~6段落に説明されているように、近代人が自らの生活の中で存在意義を見失ったのは、第2段落にある自然科学の普遍性のためであり、これを捨てれば近代人のコスモロジーは復活すると筆者は主張している。

④近代人は自然科学の普遍性に依存しすぎたために神話や昔話の価値を見誤ったことが第7段落で語られるが、次の段落では昔の神話の復活でなく、人間の可能性から新たな存在価値の基盤を作るべきだと展開している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

(ⅰ)②

(ⅱ)③

2017年4月2日トリプル・アイにて実施「REVIEW文章を読むときに大切なのは?」解答

トリプル・アイの皆さん、4月2日はお疲れ様でした(*^_^*)

さて、講演での「注意」を守って、それこそ「注意深く」解答できたかな(笑)?

それでは順番に見ていきましょう!!

 トリプル・アイにて1

まず今回の講演会のPOINT!!

『今』=段落や傍線部(を含む一文)で『何』を述べようとしているのか(=話題/内容)。

 

これを意識できたかな?

今回の練習問題は2段落構成だよね。まず最初の段落は―

☆「言葉」っていう「ことば」が多いよね―だから言葉について述べているのが分かる。

☆言葉は「一般的」だけど、現実の個々の現象は「微妙に異なっている」って書いてある。

(例)A君「昨日、晩ご飯、カレーだったんだけど、めっちゃ旨かったわ」

   B君「まじで!?俺もカレーだった!!いや~カレーって旨いよな」

   以上の会話の「カレー」「旨い」という「言葉」に注目。

   A君とB君の食べたカレーは「違う」…なのに一緒になって「カレーは旨い」って話をしているよね。この時の「カレー」という言葉は、本文で言う「類似した感覚的イメージの共通な部分を抽出した一般的なもの」に当たる。要するに頭の中に描くカレーのイメージがあるでしょう。いますぐカレーを頭に思い浮かべてごらん。それが抽象的な「カレー」の「イメージ」(笑)でも、よく考えるとA君の家のカレーとB君の家のカレーは見た目は同じような感じかもしれないが「微妙に異なっている」よね。このように私たちがあるものを「言葉」で表現する時には、似たようなものを同じ言葉で表現するけど、実際の物は微妙に異なっているものなんだ。そしてA君、B君は「違うカレー」を食べたにもかかわらず「旨い」という同じ言葉を使っているよね。カレーを食べた=現実の経験から、(カレーは)旨い=感覚的イメージが生まれるわけだ。するとおかしなことが起こってくる。A君とB君は「カレーは旨い」と同じ言葉を発しながら、実は全く「異なる経験」をし、「異なる感覚的イメージ」を持っていることになるんだ。だから、同じ言葉を使っていても、異なる意味合いで使っていることも多いんだ。だからA君とB君が本当に「深く分かり合うには、長く付き合って」同じカレーを食べ続ける必要があるよね(笑)まあ、それでも実際はA君とB君の味覚(=感覚)が違う以上、100%同じイメージを持つことはないんだけど。

 トリプル・アイにて2

さて、次の段落、とうとう傍線部だね。【『今』=段落や傍線部(を含む一文)で『何』を述べようとしているのか(=話題/内容)】を意識して見てみよう。

 

まずここでは「日常言語」は「人によってニュアンスが異なり多義的である」という話をしようとしている。

「日常言語」は傍線部の直前に「個々人によって異なった過去の経験に基づく異なったイメージが反映している」と説明されている。ここで先ほどのA君とB君の例を思い出して欲しい。A君の「カレーは旨い」という日常の言語とB君のそれは、それぞれの経験に基づいているので中身が「異なる」って話をしたよね。あれだよ。

 

念のためもう一つ例を出しておこう。例えば毎日48度のお風呂に入って、それを「熱いな」と感じている人間と38度のお風呂に入って「熱いな」と感じている人間がいるとする。そこで48度のお風呂に毎日入っている人間が、38度の方に『お~い「熱い」風呂入れてくれ』と言ったとしたらどうなるか…。もう分かるよね。同じ「熱い」という言葉を使っていてもそれぞれの「過去の経験」が異なるから、「熱い」のイメージも異なっているんだ。だから38度の方の人が入れたお風呂を48度の人は「ちっとも熱くない!!」と怒るかもしれないね。

 

だから傍線部にあるように「日常言語」はそれを使う人によって「微妙に意味が異なる」ために「多義的(色々な意味を持つ)」と言える、という訳ですわ。

 

では再度ここで【『今』=段落や傍線部(を含む一文)で『何』を述べようとしているのか(=話題/内容)】をまとめると―

第1段落から傍線部にかけて=「今」

過去の経験に基づく日常言語は、それを使う個々人の経験が異なるために、同じ言語でも意味(ニュアンス)やイメージが異なる=「何」

となる。

『解答のイメージ』がこのようにわいたら、それに合う選択肢を探す。決して「和●ア●子の死体」とかを選ばないように(笑)

 

①ペットボトルの水が半分あるのを見て「おっまだ半分」と言うか「あと半分しかない」と思うか…違うな。

②弟が数の数え方を知らないだけ…違うな。

③真の美は普遍的だ(=時間や空間を超えて受け入れられる)…違うな。

④「デパートの入り口」で待ち合わせたら違う「入り口」にいた…引っ掛かる人はこれに引っ掛かる。これは「同じ言葉」を使っているがニュアンスが違うのではなく、単に「入り口」が複数あっただけ。違う。

⑤「駅から近い」と言われる→「近いんだ」と思う→実際「遠く感じた」=おじさんの「近い」という言葉のニュアンスと自分の「近い」のニュアンスが違ったわけだ。おじさんはいつもその道を歩いている(=経験)から「近い」と感じる。しかし自分の「近い」は普段の自分の「経験」から、もっと距離の短いイメージがあるのかもしれない。その経験から与えられた言葉のズレがここで説明されている。先ほどの『解答のイメージ』からこれしか正解がない!!

 

【正解】⑤

 

どうだったかな?できなかったとしても凹まず、『青木邦容の標準現代文』などを受けて、これから「できるようになればいい~~~~~んです」(笑)頑張って!!また那覇に行きたいなぁ(笑)

トリプル・アイ講演会の様子はコチラでも(笑)→ Facebook

2017年2月19日サンサン横手にて実施「現代文の学習方法とその対策」BY英智学館 宿題解答

( ^)o(^ )皆さん、お疲れ様でした。

さて、例の「宿題」の答えです。出来てたかなぁ~(笑)

出来て無くてもショック死しないでね。代ゼミサテライン予備校英智で「青木邦容の標準現駄文」を受講して、『合格ラインをぶっち切れ!!』。

2月19日英智学館様向けセミナー宿題解答解説_ページ_1 2月19日英智学館様向けセミナー宿題解答解説_ページ_2

 

2016→2017冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック(サテライン&LIVE)』《補問》大澤真幸『思考術』解答例

【問1】 (19~20行目と15~16、26~27行目への『神経衰弱』から考える。)

(解答例) 考えて言葉にする前の体験はまだ無意味だから。

 

【問2】(【問1との関連性から、傍線部Bは15~16行目と『神経衰弱』でき、また『繰り返し』であることがわかる。)

(解答例・・・特に【青木方式㊷】を意識)長く人生に影響を与える体験。

 

【問3】

①イ・エ ②(解答例)

相手の意見に敏感であることでよく考え抜き、自分の意見が相手に伝わるように十分考え抜いて言葉にする。

㊟一見、小論文のような「自分で考える」設問に見えるが、実は本文の内容を理解しているかを問う問題。設問の「反対の意見」とは5行目の「他者から与えられるインパクト」のことであり、8行目「それに対してどれぐらい敏感であるかによって思考の深度は決まる」という筆者の考えをまずベースにする。また25行目「インパクト」から、他者から与えられたインパクトに対し、何かを感じ、言いたいことがあるなら(反論)、「じゅうぶん考え抜いて言葉にするしかない」という筆者の考えをまとめる。

2016→2017冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック(サテライン&LIVE)』第4講(問題番号⑦)西村清和『プラスチックの木でなにが悪いのか 環境美学入門』問3&問4解答例

【問3】

自然と人間の文化は異なるという考え方から、自然秩序は人間性を構成する部分だと認識し、人間と同一と見なすようになること。(59字)

 

(別解)自然と文化という伝統的な二元論をこえて、自然に感情移入しこれと同一化することで自然に対する畏怖や尊敬、義務の念を持つ点。(60字)

【問4】

個々の自然物に対して固有の関心と平等な権利を認めようとすれば、それぞれの立場からの利害に関わる功利主義に帰着し相互に対立するため、逆に人間が自然を保護するために手を加えることが必要になるということ。(99字)

4 / 46 page« 先頭...23456...102030...最後 »