2017夏期講習会『青木邦容の標準現代文』第2講岩井克人「資本主義と『人間』」要約&復習問題(私大・センターマーク用補充問題)

【要約】

フロイトによれば、人間の自己愛は過去に三度ほど大きな痛手を被ったという。つまり、人間は自らが中心であると思っていた世界から追放されたわけだ。しかし資本主義の歴史を振り返れば、もう一つの傷があることに気付く。「ヴェニスの商人」に象徴される商業資本主義は、あくまで差異が利潤を生み出すとしたが、現在進行中のポスト産業資本主義においても、差異そのものである情報を商品化して利潤を生み出している点で、同様の資本主義の原理が見られる。それどころか、経済学が、労働する主体である人間を利潤の源泉であると説いた産業資本主義においても、結局は労働生産性と実質賃金率との間の差異を媒介にして利潤を生み出していた点で、「ヴェニスの商人」はそこに内在し続けていた。その意味で、資本主義の歴史において人間が富を創出する主体として存在できたことは一度もなかったことになる。これが人間の自己愛の四番目の傷の正体である。

 

《復習問題》

次の各問について、テキストと講義内容を参考にして答えよ(㊟解答は最下段)。

《問1》テキスト4~5行目「フロイト自身の無意識の発見によって自己意識が人間の心的世界の中心から追放された」とはどういうことか。次の中から適切なものを選べ。

①無意識の領域の発見によって、人間とは自己意識を持ち、その意識の主人として自由に行動できるという考えが否定され、常に無意識に支配された弱い存在であるということがわかったということ。

②無意識の領域が発見されたことで、人間の心の中の構造が判明し、そこにはそれまで人間の心的世界の中心と考えられていた自己意識は存在しないということがわかったということ。

③人間の自己意識、例えば自我が、人間の行動に大きく関わっていたと考えられていたことに替え、人間の行動には無意識の存在が大きく関わっていることが分かったということ。

④人間は、意識的な自我のエネルギーに従うだけのものでなく、無意識下のエネルギーがそこに加わって、はじめて人間の持つ様々な可能性を現実の行動に移せるということ。

 

《問2》テキスト本文80~82行目「差異性という抽象的な関係の背後にリカードやマルクス自身が措定してきた主体としての『人間』とは、まさに物神化、いや人神化の産物にほかならない」を説明した次の文の空欄A~Eに入る語句を次の選択肢の中から選び、文を完成させよ。

リカードやマルクスといった経済学者は、あらゆる商品の( A )は、その生産に必要な労働量によって規定されるという労働価値説を唱え、利潤の源泉を労働する主体としての( B )に求めていたが、実際は、商品の価値を決定し、利潤を資本家にもたらしていたのは、決して人間の( C )そのものではなく、都市と農村の( D )であり、農村の過剰人口が都市に流入することで( E )を抑えたことが利潤の源泉であったということ。

 [選択肢] ①効用 ②交換価値 ③人間 ④実質賃金率 ⑤労働 ⑥労働生産性 ⑦農民 ⑧人口差 ⑨都会

⑩産業革命 ⑪利潤 ⑫若者 ⑬共同体 ⑭品質 ⑮工場労働者 ⑯生活の差 ⑰賃金の差 ⑱労働者の不満

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 《解答》

問1 ③

問2

A②

B③

C⑤

D⑧

E④

2017夏期講習会『青木邦容の標準現代文』第1講池上嘉彦『ことばの詩学』復習問題=センター試験用補充問題&記述解答例

【問7】(解答例)

構造を持った対象を生む決まりを持つ点が、多くの「言語らしいもの」に見られるから。(40字)

 

《復習問題》(センター対策)(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと。)

問6 この文章の表現と内容、構成・展開について、次の(ⅰ)・(ⅱ)の問いに答えよ。

(ⅰ)この文章の第1~8段落の表現と内容に関する説明として適当でないものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

①第1段落の第1文にある「まず」という表現は、それ以降に続く「その次」「すこし別の方向へ眼をむけるならば」という表現と対応し、「言語らしいもの」を順番に列挙していく最初であることを示している。

②第3段落にある「無価値という意味を有するものと捉えられている」「石ころ」が、無価値ではなく有価値になるのは、例えばそれを眼にとめた人が考古学者のような専門家であることに起因する。

③第3段落後半にある「『言語らしいもの』で書かれた言わば一つの巨大な書き物-術語的な言い方をすれば、『テクスト』」という表現にある「-」記号は、その前後が同内容であることを示している。

④第7段落にある「制服」の例は、「着用すべき衣服の色や型、組み合わせなどを規定」していることを前提に、それを「言語らしいもの」であるとし、同時に場所や時代が異なればそれが異なる可能性も示唆している。

 

(ⅱ)この文章の第9段落以降の構成・展開に関する説明として適当でないものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

①9段落で「文化の文法」という概念を提出し、その決まりに基づいて文化を構成することで、その文化は一定の構造を持つようになることから、次段落では言語をモデルに有価値な文化を創造すべきであると述べている。

②11段落では、これまで説明してきた「言語らしいもの」を、「意味を持つ」、「背後に『文法』の存在を予想させるような構造を持つ」といった二点にまとめ、文化が言語と考えられることを再確認している。

③13段落では「文法」の絶対性を否定することで、「言語らしいもの」も、状況によってその読みとり方が変わることを挙げ、そのような文化のテクストが多様な解釈許す性質を「開かれた構成」と説明している。

④15段落では、これまでの説明を結論付ける点から、「規則を変える創造性」こそが、深く文化的な存在としての人間の本質とかかわっており、人間の創造的可能性は、構造を生み出す規則を作る点にあるとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

(ⅰ)②

(ⅱ)①