2017年2月19日サンサン横手にて実施「現代文の学習方法とその対策」BY英智学館 宿題解答

( ^)o(^ )皆さん、お疲れ様でした。

さて、例の「宿題」の答えです。出来てたかなぁ~(笑)

出来て無くてもショック死しないでね。代ゼミサテライン予備校英智で「青木邦容の標準現駄文」を受講して、『合格ラインをぶっち切れ!!』。

2月19日英智学館様向けセミナー宿題解答解説_ページ_1 2月19日英智学館様向けセミナー宿題解答解説_ページ_2

 

2016→2017冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック(サテライン&LIVE)』《補問》大澤真幸『思考術』解答例

【問1】 (19~20行目と15~16、26~27行目への『神経衰弱』から考える。)

(解答例) 考えて言葉にする前の体験はまだ無意味だから。

 

【問2】(【問1との関連性から、傍線部Bは15~16行目と『神経衰弱』でき、また『繰り返し』であることがわかる。)

(解答例・・・特に【青木方式㊷】を意識)長く人生に影響を与える体験。

 

【問3】

①イ・エ ②(解答例)

相手の意見に敏感であることでよく考え抜き、自分の意見が相手に伝わるように十分考え抜いて言葉にする。

㊟一見、小論文のような「自分で考える」設問に見えるが、実は本文の内容を理解しているかを問う問題。設問の「反対の意見」とは5行目の「他者から与えられるインパクト」のことであり、8行目「それに対してどれぐらい敏感であるかによって思考の深度は決まる」という筆者の考えをまずベースにする。また25行目「インパクト」から、他者から与えられたインパクトに対し、何かを感じ、言いたいことがあるなら(反論)、「じゅうぶん考え抜いて言葉にするしかない」という筆者の考えをまとめる。

2016→2017冬期Ⅱ期『青木邦容の現代文頻出テーマ解法総チェック(サテライン&LIVE)』第4講(問題番号⑦)西村清和『プラスチックの木でなにが悪いのか 環境美学入門』問3&問4解答例

【問3】

自然と人間の文化は異なるという考え方から、自然秩序は人間性を構成する部分だと認識し、人間と同一と見なすようになること。(59字)

 

(別解)自然と文化という伝統的な二元論をこえて、自然に感情移入しこれと同一化することで自然に対する畏怖や尊敬、義務の念を持つ点。(60字)

【問4】

個々の自然物に対して固有の関心と平等な権利を認めようとすれば、それぞれの立場からの利害に関わる功利主義に帰着し相互に対立するため、逆に人間が自然を保護するために手を加えることが必要になるということ。(99字)