2015夏期『青木邦容の基礎→標準現代文』【補問】塩沢由典「人はなぜ習慣的に行動するのか」要約&補充問題

【要約】

人間の行動は、遺伝的にプログラムされている度合いが少ないにも関わらず多くの場合、習慣的に行動する。それは注意と思考の節約のためであると言われる。注意は情報を選別的に入手することであるが、偶然に有利な情報を聞き分けるのは難しい。したがって人間はどの信号に注意するかを経験に依存するのである。信頼性条件を満たす信号はたくさんあるに違いないが、その中で人間がいくつかの信号にだけ注意するのは、聞き分け能力や合理性の限界のためである。人間の記号処理能力には限度があるため、信号が多すぎるとそれを適切な行動決定に活かすことはできないのだ。その点で言えば、注意という心理作用は妥当なものと言える。しかもいつ、どの信号に注意すべきかは、経験の中で学習され習慣化されていくものなのだ。このように習慣的行動には学習と試行錯誤に基づく大変な知恵が隠されている。われわれの行動の多くは、こうした習慣的行動、つまり固定化された半自動的諸動作のプログラムからなっている。人間の世界認識や認識を行動に結び付ける際の演繹能力に限界がある以上、多数の目的を持った多数の行動を適当に組み合わせて、われわれは行動するしかない。ある課題を解決する行動は、このように諸動作の系列としの習慣的行動であり、それは課題に対する実行可能解である。これによってわれわれは、自らの行動世界を拡大できるのだ。

 

《復習問題》

テキスト本文二行目、「注意と思考の節約」とあるが、どうして人間は行動を決定する多くの場合に「注意と思考の節約」をするのか。その理由として最も適当なものを、次の①~⑤のうちから一つ選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

①    世界に存在する数限りのない信号の中から、信頼性条件を満たすものを可能な限り多く察知し、そこから得られた情報を上手く処理した上で、その多様性を生かした行動を創造するため。

②    ある信号が、その注意にも関わらず、結局的に結論にひびかなかったり、ひびいてもその影響が軽微で終わったりして、良い結果をもたらす利得が得られない状況を可能な限り回避するため。 

③    人間の聞き分け能力やその記号処理の能力の限度から引き起こされる行動決定の不適切さを避けたり、またより重要な案件や新規の案件に時間を掛けることを可能にするため。

④    元来、人間が適切な行動を行うためには、多くの信号を聞き分けることよりも、むしろ少数の選ばれた信号に注意する方がいいということが、伝統的に経済学者などによって証明されているから。

⑤   人間が、数多くの信頼性条件を満たす信号に注意した場合、その聞き分け能力の限界から自らの利得にならない信号を選ぶ場合もあり、それを上手く処理しても適切な行動に結び付けられないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

 ③(②は「注意の節約」を行う理由ではではなく、「注意」する理由なので×。)

2015夏期『青木邦容の基礎→標準現代文』第4講高井有一「青梅」補充問題

【補充問題】(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと。)

問1      次の(ア)(イ)の本文中における意味として最も適当なものを、次の各群の①~⑤のうちから、それぞれ一つずつえらべ。

 

(ア)  烏滸がましい(22行目)

①    そんな資格はない ②止めたほうがよい ③失礼に当たる ④相手を困らせる ⑤無駄なことである

(イ)  切り口上(30行目)

①    こちらを激しく責めるような言い方 ②妙に丁寧な言い方 ③敵対心を剥き出しにした言い方

④堅苦しくあらたまった言い方 ⑤丁寧だがとげがある言い方

 

問2      この文章中の叙述に対する説明として最も適当なものを、次の①~⑤のうちから一つ選べ。

①    この文章は、登場人物である「私」の視点に立ちつつも、必要に応じ周りの人物の視点も取り入れて描くことで、それぞれの人物の心理が分かりやすくなっている。

②    本文の会話表現に着目すると、会話表現であっても「  」がつけられているものと「  」がつけられていないものがあり、どの登場人物の会話かによって区別されている。

③    本文では、叔母の一周忌の後、青梅を再訪するまでの出来事が私の経験した順序で叙述されており、このことで登場人物の心情の変化が理解しやすくなっている。

④    「叔母は親族の誰をも信じないで死んだのだと、私は思った」という表現では、あえて「私は」と挿入することで、ここでの私の気持ちを読者に強調して伝えている。

⑤    本文の最終場面では、新しく作られたものと時が経っても変わらないものが対照的に描かれることで、叔母の死後一年が経過したという時間の推移を印象づけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

問1 (ア)① (イ)④

問2 ④

2015夏期『青木邦容の基礎→標準現代文』第2講鷲田清一「死なないでいる理由」要約&復習問題

【要約】

金水敏氏の説明によれば、日本語の受動文は、たんに「他者の作用を受ける」という受身の意味を表わすのみならず、それを受ける主体の感情や意志をも表現するための表現形式として発達してきたという。ならば、〈うまれる〉とは、たんに〈うむ〉という行為の結果として生じる客観的な出来事というよりは、産み落とされる側のその立場に身を寄せた表現であるといえ、必然的に産んでもらったという含意を強く持つことになる。しかし問題なのは〈うまれる〉を純然たる自動詞のようにとらえる現代人が、この点を忘れていることにある。そもそも〈わたし〉の存在はその出生の時点からして、与えられたものである。さらに生命維持にも他人の介助が必要であり、〈わたし〉の表情も他人によって分節される。しかも〈わたし〉は、他人の意識の対象となってはじめて存在できる。したがっていかなる他者にとっても関心の対象ではない存在になることは〈わたし〉が喪われたことと同意なのである。

《復習問題1》(㊟解答は最下段。スクロールして確認すること。)

傍線部(2)「わたしの表情は他者によって分節される」とあるが、どういうことか。それを「母親と乳児の関係に即して説明したものとして適当なものを次の中から一つ選べ。

イ母親が乳児に対してとっている態度を恥ずかしいと認識できるように、人は他者を通して自分の姿を知るということ。

ロ子どもは、母親に大げさに送り返してもらうことで、自分の中に発生しかけている感情の意味を理解するということ。

ハ母親が自らの感情を増幅して伝えることで、子どもが自己の経験の意味を理解し、感情表現を身につけていくということ。

ニ母親が乳児に対して取る大げさな身振りや語りかけの行為によって、子どもの中に感情が生み出されるということ。

ホ母親からの増幅された送り返しがなければ、子どもは自分が見棄てられたように感じて存在の危機に瀕するということ。

 

【復習問題2】本文68行目「見捨てられる存在」とあるが、どうしてこのような存在が「もはや見捨てられる存在ですらない」存在よりも、まだましな存在だと言えるのか。50字以内で説明せよ。(㊟解答は最下段)

 

【復習問題3】本文中に「身を寄せる(寄せた)」という表現が何回か登場するが、筆者が考える対象に「身を寄せる」ことのできる条件は何か。本文中から適切な表現を10字以内で抜き出せ。(㊟解答は最下段)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答1》

《解答2》

見捨てられる存在であるということは、他者に、まだ鬱陶しい対象として意識されていることになるから。

《解答3》

主体性を感じ取ること

 

 

2015夏期『青木邦容の基礎→標準現代文』第1講氣多雅子「ニヒリズムの思索」要約問題(復習問題)

【要約復習問題】次の文章は本文の『要約』である。テキストを参照しながら以下の設問に答えよ。

伝統とは、様々な( ① )で捉えられるが、ある集団のアイデンティティの成立と解体に関して要となるのは、日本の精神伝統対西洋文明という構図に見られるような、伝統の( ② )な対比である。だが、現代では伝統的なものと伝統的でないものという( ③ )対立の形が前面に出てきているように見える。それを際立たせているのは近代に特徴的に見られる反伝統的な傾向であるが、それを促進させたのは科学の発達がもたらした大きな技術的成果と、科学知により人は啓蒙されるべきであるとする考え方である。こうした構図では、現代の科学技術は伝統を持たないという捉え方によって規定されているが、それはヨーロッパ世界以外の地域において、[ X ]という意味であり、その意味ではその地域の文化伝統との緊張関係を失うことはない。しかし圧倒的に重要なのは、そうした近代科学および近代科学技術が、本質的に自らの伝統的起源を無化するという意味での、( ④ )なその性質である。現代においては、そうした科学知の体系は、世界文明を形成するものとして現れているが、それは現代の世界文明は、伝統的では無いということである。したがって我々にとって伝統とは自明なものではなくなっているゆえに、常に伝統とは何かを問い直す必要性に迫られている。

問1 テキストを参照しながら空欄に当てはまる言葉を以下の選択肢の中から選び、『要約』を完成させよ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

A絶対的 B普遍的 C相対的 D相反的 E位相 F意義 G非伝統的 H構造I 並列的

 

問2 空欄Xに入る表現を次から選べ。

①キリスト教によって培われてきた

②その地域の文化伝統に由来するものではない

③その地域の文化伝統に元来から含まれていた

④現象の中で解消されることはない

⑤その地域の伝統と対比の延長線上にない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

問1 ①E ②I ③D ④G

問2 ②

2015第1学期『現代文読解』第11講高階秀爾「日本近代の美意識」要約&漢字解答&記述解答例&復習問題

【要約】

「美しさ」の発見とは言うものの、これはそれまで誰も気付かなかった対象の持つ属性を見つけ出すことではなく、対象を「美しい」と感じる一人一人の心の中に、思いもかけず見いだされるある種の実感のことである。

 

【問1】

アせんりつ イ特殊 ウ高(昂)揚 エじゅうなん

【問5】

雲には、その属性として美しさなど存在しないと考えていたため、龍之介が、その鋭い感受性で捉えた美を理解できなかったから。(59字)

 

《復習問題》

テキスト本文49行目「いかに鋭敏な感受性の持ち主であったか」とあるが、それはどのようなものであったと考えられるか。その説明として最も適当なものを選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

ア通常の場合には美しいと感じないものであっても、時により美を感じることのできる、自由な想像力に恵まれていた。

イ多くの人が美しいと感じるものにはそれを感じないで、かえって美しくないものに美を感じる特異な能力を持っていた。

ウ普通の人が美しいと考えているものを美と認めることを拒否し、あくまで独自な美を主張する感情の強さを持っていた。

エ徹底的に美しさを追求し、多くの人が感じられないような微妙な美さえ見る能力を習得していた。

オ普通の人が何とも感じないようなものにさえ、既成の概念にとらわれずに美を感じとる能力に恵まれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

2015年第1学期『医系小論文』MEDICAL☆KING№7【Extra-Self Check!!】《解答例集》

【38㌻補充問題1類似問題】

(解答例)

そもそも「不正」を防ぐには、不正を生む背景や不正の行われた理由を明らかにする作業が必要である。様々な分野の研究者による不正が相次いだということは、研究者全体の環境が悪化していることを意味するのではないか。具体的には成果主義や研究者の雇用状況の不安定さ、あるいは研究における絶対的上下関係などがそれにあたる。いずれにせよ科学者が、不正を働けば研究の世界から追放されるという認識を強く持つ必要があろう。(200)

 

 

【補問】(予想テーマ・・・医療事故調査制度)

(解答例)

医療事故は、臨床における個々の症例と同じく、その内容がそれぞれ異なり、一つの事故から生み出された再発防止策が、必ずしも普遍的に機能するとは考えられないから。

 

2015第1学期『センター現代文』第11講山下勲「世界と人間」要約&漢字解答

【要約】

科学が人間の知であるからには、人間が物事を知る意識の働きの中に基礎を持っているが、その言葉は日常言語のようにニュアンスが異なり、多義的なものではなく、客観化や対象化を極度に推し進めたものであり、それゆえに科学は、感覚やイメージの世界とは異なり、物事との生きたつながりを失った抽象世界である。

【問1】

(ア)大丈夫  ①常備 ②頑丈 ③冗談 ④譲渡 ⑤施錠

(イ)階層    ①介入 ②氷解 ③軽快 ④懲戒 ⑤階段

(ウ)眺め     ①清澄 ②膨張 ③眺望 ④調理 ⑤聴衆

(エ)替え     ①怠慢 ②耐寒 ③不退転④代替 ⑤停滞

(オ)源泉     ①泉  ②染める③浅瀬 ④潜る ⑤薦める

2015第1学期『センター現代文』第10講竹田純郎「生命の哲学」要約&漢字解答&復習問題

【要約】

生命体それぞれにとって環境は、個々の生命体が関わっていく物質を含むと同時に、それぞれに固有の身体的行為を引き起こす「媒体」を含み、その意味でそれは物理的空間としては一つでも、等質の単一の全体として扱えず、また環境の激変でもない限りは、生命はそのような「境域としての環境」に関わらざるを得ない存在なのである。

 

【問1】

(ア)摂取 ①摂理 ②屈折 ③溶接 ④拙劣 ⑤節度

(イ)湖   ①枯淡 ②鼓舞 ③点呼 ④凝固 ⑤湖沼

(ウ)渇き ①恐喝 ②円滑 ③渇望 ④活路 ⑤概括

(エ)誕生 ①丹念 ②生誕 ③大胆 ④嘆息 ⑤端正

(オ)測り  ①二束三文 ②促進 ③変則 ④憶測 ⑤端正

 

《復習問題》

テキスト本文51行目には「環境のありとあらゆるものが、それぞれの生命体に情報をもたらし、それぞれの身体的行為を引き起こすかぎり、それらは媒体である」とあるが、それでも「オオカミ」のとっては「ありとあらゆるもの」は「媒体」になることはないと言える。それはどういう理由からだと思うか。次の①~⑤の中から最も適切な説明を選べ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

①「環境のありとあらゆるもの」が「媒体である」というのは、ここでは「それぞれの生命体」にとってという意味であって、「環境のありとあらゆるもの」が、オオカミ固有の身体的行為を引き起こすとは考えられないから。

②「環境のありとあらゆるもの」が「媒体である」というのは、ここではあくまでそのオオカミが動き回れる四肢と、多くの知覚を持っている限りという話であって、全てのオオカミがそうだとは限らないから。

③「環境のありとあらゆるもの」が「媒体である」というのは、ここでは川や湖や空や森といった、全ての動物にとっての自然を意味し、オオカミの生息地特有の環境にあるものを取り立てて説明した訳ではないから。

④「環境のありとあらゆるもの」が「媒体である」というのは、ここでは「境域としてのあらゆるもの」が、代表的な「生命体それぞれの身体的行為」を引き起こすという意味であって、オオカミは視野に入れていないから。

⑤「環境のありとあらゆるもの」が「媒体である」というのは、ここでは「境域としてのあらゆるものが、生命体それぞれの身体的行為」を引き起こすという意味であり、オオカミは境域としての環境にいるとは限らないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》①

2015第1学期『現代文基本マスター』第8講黒井千次「老いの時間の密度」要約&漢字解答&復習問題

【要約】

近年は畳の上で死ねる人が少なくなったが、そのことの他に、苦しみを見つめる苦しみの方に強い関心を覚える。重い病人を入院させるのは当然の行為であり、これを非難する謂われは全く無いが、そこには自分が苦しみを見詰める直接の責任者の立場から半歩退くことが出来た、という悲しい安心感が蠢いている。それが畳の上で死ねなくなったという事態に、どこかで繋がっているような気がしてならない。延いては世の中全体が、苦しみを少しでも弱める方向に動いているような気もする。それに対する正当な努力が、苦しみを直視し、苦しみに向き合う力を、いつか人間から奪い去る傾向を助長しつつある。

 

【問1】

(a)奇妙 (b)往診 (c)波紋 (d)経緯 (e)助長

 

《復習問題》

79行目「人は苦しみの消滅に出会う」とあるが、筆者の論旨によれば、それはわれわれにどのような事態をもたらすと考えられるか。それを最も端的に述べた表現を、本文から30字で抜き出せ(㊟解答は最下段。スクロールして確認のこと)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《解答》

苦しみを直視し、苦しみに向き合う力を、いつか人間から奪い去る(30字)《15段落内》